塩芳軒。日本に「万頭」をもたらしたお菓子の始祖「林浄因」の流れを汲む「塩路軒」から「のれん… | ごちそう♡さがしドットコム

塩芳軒。日本に「万頭」をもたらしたお菓子の始祖「林浄因」の流れを汲む「塩路軒」から「のれん…

塩芳軒。日本に「万頭」をもたらしたお菓子の始祖「林浄因」の流れを汲む「塩路軒」から「のれん分け」により、明治15年に創業。 墨染め天竺木綿に屋号が染め抜かれた「長のれん」は分家の証。京都では明治創業では老舗の部類に属さないそうだが、その店構えやお菓子から、京都の、いや和続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス