年の暮れ、無性に喰いたくなるのが「すき焼き」。発祥には「鋤焼節」「牛鍋節」等々諸説あるが… | ごちそう♡さがしドットコム

年の暮れ、無性に喰いたくなるのが「すき焼き」。発祥には「鋤焼節」「牛鍋節」等々諸説あるが…

年の暮れ、無性に喰いたくなるのが「すき焼き」。 発祥には「鋤焼節」「牛鍋節」等々諸説あるが、現在の「すき焼き屋」のスタイルの原型は京都の三条河原町が発祥といわれている。明治6年(1873年)創業の三嶋亭 。 風情ある「牛肉すき焼き三嶋亭」と掲げられる大看板と「三嶋亭」と印された行燈をくぐると、牛脂の甘い香りと下足番が迎えてくれる。 階段を見上げ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス