都立大学「ガレオーネ」でピッツァ「ウェボスロトス」と「リモーネ」♪

本日のピックアップフォトは都立大学「ガレオーネ」のピッツァイオーロ駒形さんが作ってくれた、ガレオーネスタイルのピッツァ HUEVOS ROTOS (ウェボスロトス)です。ガレオーネらしい洗練されたスタイルには甘みのあるジャガイモ「インカのめざめ」をマッシュポテトとポテトチップスにするアイデアや、`Nduja(ンドゥイヤ)と自家製ハムを使うなど綺麗で美味しい素晴らしいピッツァを楽しめました。

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

都立大学駅から徒歩1分のガレオーネは旨いピッツァと本格派の炭火焼きを楽しめるお店です。
横浜で予約が取れない人気のイタリア料理店「Cambusa(カンブーザ)」の2号店として2014年6月23日に誕生しました。

人気店ですがカウンター席があるので、ひとりでも気軽にランチに行けるのが嬉しいお店です。

前菜盛り合わせとお好みのピッツァやパスタを組み合わせたセットは、ワインと一緒に楽しみたいですね。

僕は毎回サラダセットにしていますが、前菜セットの人参のスープが美味しそうだったのでアラカルトでスープを追加しました。

これ、熱々で寒い外から入った身体を温めるにはちょうど良いですね。

実は先週は3日連続でガレオーネに行きました(笑)。

1日目は今年初のガレオーネでピッツァイオーロ駒形君にお任せのピッツァ。

生ハムとセルバチコとカラフルなミニトマト、モッツァレラというシンプルなピッツァに自家製でオーガニックなレモンを使ったタバスコを熟成させたものをかけていただきます。

次の日はピッツァリモーネ(レモンのピッツァ)をいただきました。

「レモンのピッツァ」というのは、ナポリでも日本でも本格的なお店なら見かけますが、ガレオーネの「ピッツァリモーネ」は特に美味しいと思います。使っているレモンが美味しいオーガニックのレモンで、皮ごと食べても気にならないようにとても薄くスライスしてあります。

ピッツァイオーロ駒形君がしっかりと見極めながら焼き上げます。

完成したピッツァリモーネがこちらです。

パンチェッタの肉の旨味とさっぱりとしたレモンの酸味、レモンピールの苦み、モッツァレラチーズの旨味に黒胡椒のパンチが効いた絶品のピッツァです。生地も軽くボリュームも控えめなので女性でも1枚ペロリと食べられるサイズですよ。

そして、3日目はお願いしていたピッツァ「ウェボスロトス」を頂きました。

赤いのは`Nduja(ンドゥイヤ)で、白いのが「インカのめざめ」を使ったマッシュポテトです。
`Nduja(ンドゥイヤ)とは南イタリアにあるカラブリア名物のサラミペーストで、辛~い唐辛子と、豚の挽き肉を発酵させて作られています。

生地を延ばして成形してから材料を乗せて行きました。

最後に粉チーズをかけて窯に投入します。

 

 

450度から500度になる薪窯で1分半ほどで焼き上げるのが美味しさの秘密です。

まだ、これで完成ではありません!!。

焼き上げたピッツァに自家製プロシュートコット(ハム)と温度卵(温泉で作らない場合は温泉卵とは呼びません)を丁寧に乗せて仕上げます。

本人に持っていただきました。

今回、トップの画像に使われたのが、ガレオーネスタイルの「ピッツァ・ウェボスロトス」です。

ナポリの定番ではないから、作る人によって色々なスタイルの「HUEVOS ROTOS (ウェボスロトス)」を楽しめるのが面白いです。

上の乗ってる温度卵(温泉で作れば温泉卵)を潰してソースのように全体にまぶしていただきます。

ジャガイモは「インカのめざめ」をマッシュポテトとポテトチップスというふたつの食感を楽しめるというアイデアが素晴らしい1枚でした。

もう1枚は駒形君が僕に食べてもらいたいと言って作ってくれたピッツァ・ラグージェノヴェーゼです。

ガレオーネではピッツァに使う料理はピッツァイオーロが仕込むそうで、今回のラグージェノヴェーゼも駒形君が仕込んだそうです。

完成したピッツァ「ラグージェノヴェーゼナポレターノ(ナポリ風ジェノヴェーゼ)」には、ジャージー牛を使ったヨーグルトが添えられていて、肉の旨味とコクをさっぱりとさせてくれました。

一般的には、肉の煮込みにはリコッタチーズをよく合わせますが、ミルキーで爽やかなヨーグルトを使うという発想は面白いと思いました。

ホロホロとほぐれるような豚肩ロースはしっかりと玉ねぎの甘みを感じられてとても美味しかったです。

レモンのグラニータはさらさらとした食感にさっぱりとした美味しさ、ランチデザートのボネは濃厚なチョコレートを楽しめます。

ピスタチオのブリュレは、上に乗ってるチュイールもジェラートも、そしてクレームブリュレにもたっぷりとピスタチオが使ってあってとっても美味しいですよ!

この3日目のランチ訪問は、僕がデジカメに付けるためにオーダーしたACO FACTORYの園田あけみさんの作品「ナポリピッツァキーホルダー」を購入した駒形君への納品を兼ねたランチ会だったので、ご本人も一緒に記念撮影です♪。

全て手作りのACO FACTORYの作品に興味がある方は下記のリンクからどうぞ!

限定10個作ったそうですが既に残り4個だそうです(1月21日)。

裏の焦げ目やピザ箱までリアルに再現した手作りで1個3千円は安いと思いました。

https://www.facebook.com/acofactory/

★下記の3つのランキングに参加しています!★

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へブロぐるめ! 食べ歩きポータル食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします

ガレオーネ (GALEONE)
TEL:03-6459-5139

住所:東京都目黒区中根1-7-3 オフィス都立大ビル1F
交通手段
都立大学駅 徒歩1分
都立大学駅から142m
営業時間
「ランチ」11:30~15:00(L.O.14:00)
「ディナー」18:00~24:00(L.O.23:00)
*当店休業日前日は23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日 (祝日は営業・翌火曜日休み)
予算(お店より)
[夜]¥4,000~¥4,999
[昼]¥1,000~¥1,999
カード:可 (VISA、MASTER)
チャージ料なし
席数:38席
個室:有
貸切:可 (20人以下可)
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキング有り)
お子様同伴
5歳未満のお子様、及び、ベビーカーでのご入店
ホームページ:

http://galeone2014.jimdo.com/
オープン日:2014年6月23日

←食べあるキングメンバーです

メシコレ公認キュレーター ←メシコレキュレーターです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする