イオン未来の地球フォーラム 持続可能な消費と生産

 

東京大学安田講堂です。

 

 

第2回イオン未来の地球フォーラム

「いま次世代と語りたい未来のこと〜持続可能な消費と生産」と題したシンポジウムが1/20(土)ありました。

「持続可能な消費と生産」とは、まさにわたしの取材テーマですが、

今回は縁あって司会をさせていただきました。

 

 

 

主催したイオン環境財団の岡田卓也理事長は、

地球規模の課題として、東西問題の後は南北問題だろうと、

いち早く環境問題に注目し、国内外で植樹活動をしているが、

「最も環境を破壊するのは戦争である」と、戦争体験者として平和の意義を強調しました。

なんと93歳!健康長寿を体現されています。

 

そして、もう1つの主催者、東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構 IR3S 機構長の武内和彦先生のご挨拶です。

サステイナビリティ学の世界的リーダーで、FAO世界農業遺産の生みの親、SATOYAMAを世界に発信したことでも知られる武内先生。

農水省の審議会畜産部会がきっかけで、静岡県の邑づくり委員などでご一緒させていただき、世界農業遺産、生物多様性、人と環境の関係について教わる大尊敬する先生で、じつは今回も、武内先生の紹介で司会することになったのでした。

 

さて、ようやく本題です。

 

 

基調講演①は、

慶應義塾大学 経済学部教授 細田衛士先生による「持続可能な消費と生産を考える」

印象的だったのは、このスライドのお話。

所有に意味を感じない

モノより「いいね」が欲しい世代

平成世代はモノではなく共感に価値を見出す

細田先生はこれを、「モノばなれ」。

しかも、1989年の日本経済新聞です。

まだバブルの時代ですよね。

今から30年前にもうそのような動きと報道があったとは驚きでした。

 

「いいね」とは「快適性」である。

内閣府の世論調査でも 心の豊かさ:モノの豊かさどちらを求めるかとの問いに、

6:4で心の豊かさが上回ったという。 

https://survey.gov-online.go.jp/index.html

 

売り切りの時代は終わり、修理して使う、リサイクル、リユース、リデュース(減少・縮小)の3Rや、頼めば修理してもらえる「サービス」に価値が置かれつつあること。

しかし、社会での変革のためには「腐った扉」をたたき壊すきっかけが必要だとも。

日本は自ら腐った扉を壊すのが不得意だという話も。

 

東京大学大学院農学生命科学研究科教授 八木信行先生による「漁業の持続可能性に関する国際機関での取組」です。

持続可能な水産のトップリーダーと言えば八木先生で、あちこちの水産フォーラムでもお目にかかっていますが、今回の話でおもしろかったのは、

海洋の物質循環の回転は地上の何百倍の速さなのだそうです。

ほとんどがプランクトンのため命のサイクルは短いですが、循環が速いということです。なので陸上では衰退した「狩猟」が、海洋では今でも成立するというわけです。

しかし、ニュースでもご存知の通り、

マグロ、ウナギなど、日本人の好きな魚の資源の枯渇は深刻です。

資源を管理しながら漁獲を適量に抑えなければなりません。

水産業者にだけ強いるのは難しいでしょう。

 

先進国と途上国、国際的漁業管理の課題があります。

法律で取り締まるだけでなく経済的な援助も含めた政策の展開です。

持続可能性という概念には環境だけでなく人権や労働も含まれますから、

水産に従事する人の職を奪ってはいけません。

 

 

 

2014年の10月にやはり武内先生の案内で

国連大学で阿蘇地域世界農業遺産ブランディングフォーラムに参加したときに聞いた経済学者ダスグプタさんの提唱する「包括的な冨」という考え方です。
GDPだけではない、人的資本、自然資本を含んだ全体性が国の豊かさであるという意味です。
「包括的富」

 

 

 

サステイナブルな消費とは、生産とは。

めちゃくちゃ発見と学びのあるフォーラムで、自分でもまとめておかなくちゃと思っていたら、

会場で久しぶりにお会いした食品ロス問題専門家の井出留美さんが早速記事にされていました!

すごい!

早い!

しかもまとめ力的確!

食品の閉店セール効果とは「いま次世代と語りたい未来のこと 持続可能な消費と生産」フォーラムに参加して

#イオンフォーラム 

Y!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20180121-00080669/

また来年1/20(土)には「いま次世代と語りたい未来のこと〜持続可能な消費と生産」と題した第2回イオン未来の地球フォーラムがあります。

 


◎八木信行 [東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授]

漁業の持続可能性に関する国際機関での取り組み

◎三宅 香 [イオン株式会社 執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当]

イオンにおける持続可能な調達と消費の取り組み

 

3人の基調講演をふまえて、持続可能な社会を次世代と一緒にデザインしていくために必要なこと、そのために私たち自身ができることは何か。

会場のみなさまをまじえて討論し、成果をまとめて発信します。

 

お申し込みはこちら→ http://aeon-futureearth.jp

わたしも参加しま〜す。

#FUTUREEARTH

 

東京大学安田講堂でお待ちしていま〜す。

 

 

ベジアナ@サスティナブルアナ・あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする