岩泉町で見てきたもの。 りんごの売り方。 5グラム単位で値段が違う。規格外の廃棄がひとつもない | ごちそう♡さがしドットコム

岩泉町で見てきたもの。 りんごの売り方。 5グラム単位で値段が違う。規格外の廃棄がひとつもない

{56E92840-388C-4F52-A393-7DC0038929B7}
 

岩泉町 で見てきたもの。

りんごの売り方。

5グラム単位で値段が違う。

 

木箱を覆った新聞紙。

整然として美しくさえある。

 

{970B78C2-1D72-466A-81F6-EC2F7F157408}
 

小さなりんごは安く買える。

大きなりんごはもっと払えば買える。

 

 

{1A995F25-B8A8-4CDE-8D2B-551D195E989D}
 

ちょうどいいのから売れていく。

 

 

{85D615E6-E527-43F1-8E68-E4A8875B0A10}

 

 

人それぞれ選ぶ楽しみがある。

​​​​​​

 

 

{1CA38F38-43EF-44C8-AFD3-09AF65FBC5D1}
 

お店の人に聞くこともできる。

 

何より規格外の廃棄がひとつもでない。

 

 

{B4C23DFA-2C92-4B4E-B423-75D246364F0F}
 
 

そしてこのお店、りんご屋さんではなくて製麺屋さん。

 

 

{5BBB79C7-434C-4EBE-8F42-1C6D83F500B5}
 

「かっけ」というひっつみに似たもの(小麦粉で練った板状の麺)を買いに、

中洞えく子さんについて来た。

晩ごはんの買い物だ。

地域のマルシェ。

 

食品ロス、農業農村の衰退、町のシャッター通り

問題を別々にとらえては解決できない。

暮らしと食べものの流れを一連のものとして考えなければ。

地方を元気に をいちばん基礎におかなくては。

 

 

{78E9C0B4-F6A9-428F-AE1B-4B53AF11E43A}

 

本修一の厳寒の地 岩洞湖はワカサギ釣りの名所

一式貸し出してくれるので手ぶらでワカサギ釣りが楽しめる。

湖にいくつものカラフルなテントが点在していた。

 

氷点下10度から20度にもなる凍てつく極寒の中、防寒着を着込んで、氷に穴を開けてワカサギを釣って食べる。

人間の遊び方っておもしろいな。

そしてそれは漁法でもあるのだ。

 

 

農村

農村風景

#rural

#rurallife

#ruralstyle

#sustainableshopping

@ Iwaizumi, Iwate

 

ベジアナ・サステイナブルアナ・あゆ
 

 

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス