⑤「くまもと あか牛」探求〜菊池市「斉藤牧場」と畜産流通センター「肉の駅」見学へ | ごちそう♡さがしドットコム

⑤「くまもと あか牛」探求〜菊池市「斉藤牧場」と畜産流通センター「肉の駅」見学へ

放牧を見学した後は、菊池市へ。黒毛和種と褐毛和種の両方を肥育されている「斉藤牧場」さんへ伺いました。褐毛和種は もちろん、あか牛。黒毛和種は「くまもと和王」として知られるブランド牛です。斉藤牧場の代表、斉藤誉尚さん、JA熊本経済連中村さん、JA菊池の松岡さんにもお話を伺いました。熊本県では、阿蘇は気候や立地性から繁殖牛が多く、菊池市は肥育牛の割合が多いそう。 黒毛和種と、あか牛の両方がいると、あか牛の穏やかで人なつっこい性格はとても際立って感じました。ぐいぐい引き寄せあってきてくれ、 顔と顔がくっつく感じ。穏やかで和みある、あか牛。可愛いです あか牛の人気は、ここ数年の東京を始めとする「牛肉赤身ブーム」の影響だそう。それまでは圧倒的に黒毛和種の人気が強かったとか。でも美味しさや価値をどんどん認められ需要が高まり、今では供給が追いつかないほどになっています。ただ、日本の牛肉の評価は、例えば「A5ランク」と言われるように「サシの入り、霜降り状態」によって評価や価値が高くなる傾向にあります。そのため「あか牛」のように今現代の消費者のニーズに合い、需要がどんどん高まっているにもかかわらず、生産者さん、肥育農家さんが儲からない仕組みになってしまっている気がしてな続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス