アメリカ農務省の報告書で家族農業の大切さが強調されているそう | ごちそう♡さがしドットコム

アメリカ農務省の報告書で家族農業の大切さが強調されているそう

アメリカ農務省が先月まとめた過去30年間の農業経営の変化を分析した報告書の中で「家族」の大切さをうたっているという

日本農業新聞のコラム。

以下一部抜粋

 

51ページの報告書の中で「家族農家」という単語が24カ所に登場する。

結論も明快。

作業の季節性、圃場(ほじょう)の特徴に合わせた知識、突然の気候災害への対応を考慮すれば、米国農業が家族によって営まれることが有利であり続ける

と結ぶ。

合理性を追求する米国でも家族農業こそが望ましい姿 だと報告書は言い切っている。

 

さて、日本。

361ページある最新の「平成28年度食料・農業・農村白書」を取り出して眺めてみると、

家族農家という言葉は出てこない。 ━━(゚o゚〃)━━━!!!

「家族」は18カ所に出てくるが、「家族経営を法人化して社員確保が容易になった事例」の紹介など、#家族に重きを置いていない表現が目立つ。

 

あのアメリカでさえ、地球環境の変動や国連の示す方向性には逆らっていない。

にもかかわらず

日本政府や農水省は、

国連が定める「家族農業の10年」をどう見ているのか。

大丈夫かな

ヽ(゜▽、゜)ノ

 

コラム

家族農家を重要視 米農務省の報告書 特別編集委員 山田優

 

https://www.agrinews.co.jp/p38066.html/p43718.html

 

 

ベジアナ@あゆみ(▰˘◡˘▰)

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス