ミシュラン三つ星「カンテサンス」2018年6月ディナー画像 | ごちそう♡さがしドットコム

ミシュラン三つ星「カンテサンス」2018年6月ディナー画像

「カンテサンス」2018年6月ディナー画像です結論から言うと、ここ数年で一番の好みドンピシャな流れでした。前回が少々アジアンテイスト。今回は王道を感じさせつつ 至るところに発見があるような、、●鮑とアーモンドパウダーのサブレ 最初から好み素材のマリアージュ ●鮎と初夏の野菜の冷製スープきゅうり、キウイ、ライム〜鮎は下ごしらえ後、香ばしく焼かれ、旨味の濃縮感が濃い昨年、鮎のお料理が4番めに出てきて(クレープで手巻きして食べるもの)とても美味しかった今年の鮎も好み。一方で、「もう2番めに鮎が出て来た。後半は何の素材?」と期待が高まります。 。。。 ●オリーブオイルと塩が主役 山羊乳のバヴァロア ●フォアグラとカカオのチュイルなんと!焼き茄子を挟み、ミルフィーユ仕立て。全体はしっとりした食感で上下のカカオがパリパリ。このコントラストがすごい。トップのグリーンも、単なる添えものではなく味と香りがそれぞれ違い、全体を引き締めていたり、心地よいアクセントになっていたり。スゴイ フォアグラには40年ものポルト酒がぴったり。おいしいマリアージュでした ●フランス ラン続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス