マーケットでまちを変える 人が集まる公共空間のつくり方

 

 

「マーケットでまちを変える〜人が集まる公共空間のつくり方」という著書を

先ごろだしたばかりの建築家でマーケット研究者・鈴木美央さんと、

 

建築家でアジアの屋台を研究している中村航さんのトークショーが

二子玉川の蔦や家電でありました‼️

ロンドンからアジアまでマーケットと屋台のおはなし

 

 

 
鈴木美央さんは、マーケットが好き過ぎて、ロンドンや日本中の研究だけでなく
自らじぶんの住む街でマーケットを主催してしまったというののだからすごい。

 

 

 

 

 

シビックプライドは自分ゴト化

responsibility 

マーケットによりまちの担い手になる
 

 

 

 
中村さんによるアジアの屋台の話、おもしろかったー!
笑うぐらいおもしろかった。
道路で、線路で、夜に、朝に。
毎日、毎時、毎分、生まれては消えて行く。
 
 
 
表参道にあるそう

 

 

 

street oriented 

道がキテいる

道でいいじゃない

日本で唯一合法屋台エリアは博多だけ

 

 

 

 

 

マーケット・屋台は建造物ではない

 

可変的コミュニティの場

ものの売買だけでなく様々な感情や情報も交換しているだろう

スタートアップ

チャレンジショップ

期間限定

 

おみせってなんだろう

 

 

 

鈴木さんとは去年のマルシェマーケット研究所の設立総会に参加して、

お話に感動して知り合ったのでした。

http://mml.tokyo/media20170425/

 

そのときも都市と農を直接つなぎ、農の価値を伝える方法としてマーケットを知ることは大事だと思ったのだが、今回ご本にまでまとめられ、

さらに隈研吾さんの研究室にいた中村さんの視点もおもしろく、

まちづくりについておもしろく学び、勉強になった。

農村振興・むらづくり考えるなら、まちづくり知らないとね。

ほんとエキサイティングでした。

 

きょうは時間ないのでまたいずれまとめますー。

2017/4/25

日本農業新聞に書きました。

マルシェマーケット研究所のはなし 農作物はデータではありません。

 

 

 

※私見と覚え書きとして〜

参加者にもマルシェ(マーケット)運営している人がいて、

会場からの質問で、

地域ではじめたけど、

団地の高齢者が来てくれないという質問があって興味深かった。

500円券を配って買いに来てくださいというのだが、誰も来ないという。

 

人の感情って、相手の立場と自分の立場では全然違う。

よかれと思って配るタダ券について考えた。

 

マーケットの効果に

シビックプライド(まちに対する愛着=自分ゴト化)の話があったけれど、

お年寄りだって普通は社会の(若い者の)重荷になりたくない。

もらう一方の”お客さん”では、自分の役割・居場所を見出せない。

他人事のままである。

与えられる側にするのではなく、

積極的に、能動的に”参画”してもらう「巻き込み方」を考える必要があるだろう。

マーケットの楽しみの一つは、関わり方にありそうだ。

通過する”お客さん扱い”よりも、馴染み・顔見知りのほうが優位性がある。

一歩踏み込んだ関係性(親しみ)が、マーケット運営の秘訣かもしれない。

いずれにしても大げさな公民館をつくるよりはマーケットの敷居は低いのだから

高齢者の(あらゆるひとの)居場所づくり、

ソーシャルインクルージョンの場としてもマーケットに注目したいと思いました。

 

 

 

 

また書きますー。

 

 

 

ベジアナ・朝市も夜市も好き・あゆみ

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする