カレーですよ4275(練馬 ケララバワン)両手に花の漫画家さんランチ。 | ごちそう♡さがしドットコム

カレーですよ4275(練馬 ケララバワン)両手に花の漫画家さんランチ。

ちょいとお誘いがかかりました。女性漫画家の横濱マリア先生。食関係の漫画をたくさん描かれています。なぜだかカレー友達です。



カレーですよ。



一番はじめにTwitterで声をかけてくださって、横須賀カレーフェスティバルに行きました。それ以来たまにカレーを食べに言ったりたりするようになってたんです。お忙しいのでなかなか頻繁というわけではないのですが、楽しいごはん友です。

イメージ 1

横濱先生は欧風カレー好き。そう聞いてましたが、面白いカレーいっぱいあるよ、ということで他のジャンルもお勧めしたりしてるんです。いろんなやりとりをしている中で、あのお店の名前が出ました。


「ケララバワン」


だよねえ、そうだよねえ。カレーときて漫画とくれば流水りんこ先生。あの「インド夫婦茶碗」の作者さんだものね。そしてその旦那様は「インド夫婦茶碗」にも登場する「ケララバワン」の店長、サッシーさん。そんな話が出て、横濱先生が「行きたい!!流水先生にもお会いしてみたい!!」ということで、いってきました。

ケララバワン。好きなんだよねえ。やっぱりホッとするなあ、ここは。
大好きなお店です。
お店にたどり着いた時点からもうサッシーさんの笑顔のお出迎えがあって楽しく和みます。

今日は女性お二人とランチの会食。華やかでボクもウキウキしています。
言わずと知れたホラーとインド漫画という異色の二本柱を持つ、流水りんこ先生と食の漫画を描いているカレー好きの横濱マリア先生が同席のテーブル。楽しい組み合わせだなあ。趣旨としては欧風カレー好みの横濱先生に流水先生とボクで南インドケーララを体感してもらおうという感じです。さて!食べましょう。

マサラドーサ

イメージ 2

ドーサは豆や米などをペーストにして発酵させた生地で焼く、インドのクレープ風の軽食です。朝ごはんに食べたりするそうですよ。
豆と米の粉の生地を発酵させてあるので少し酸っぱくてちょっとパリッと香ばしく仕上げることが多いです。逆にしっとりさせることもあるんですよね。

イメージ 3

ケララバワンのドーサは筒状に丸めたドーサの中にはジャガイモのマサラ和えが入っているマサラドーサ。これがどうにもうまいんだよ。
ケララバワンのこれはフィリングのポテトがしっとりしていて味わいが強く、満足感が高いんだよねえ、いいねえ。ポテトサラダ的だったりジャガイモがパサっとしていないのがとても好みで皆さんにお薦めしたいです。

ウプマ

イメージ 4

イタリアのスパゲッティでもおなじみの小麦粉、デュラムセモリナ粉を使った炒り蒸しとも言える料理です。これはあんまり知ってる人が多くないかもしれません。他の粉を使う場合もありますが日本で出てくるのはセモリナ粉のものが多い感があります。ぷるぷるモチっとしていて強い味付けはしていません。
ドーサもそうですが同じくティファンと呼ばれるインドの軽食。サンバルとチャトニ2種がつきます。サンバルはドラムスティック(モリンガ)が入り、おやおや!と驚かされました。そうそう日本で半出回ってないインドの野菜です。チャトニはココナッツチャトニとトマトチャトニ。とてもおいしいなあ。

ティファン2品は流水先生のチョイス。流石の感じです。

シーフードビリヤーニ

イメージ 5

もうね、これ。これがお勧めしたくて。横濱先生にはこれをリコメンドしました。とにかくおいしいケララバワンのビリヤニ。インドの炊き込みごはんです。特にこのお店のシーフードビリヤニは大きな蟹や海老が乗り豪勢なんだよ。しっとり仕上げでその点も好みです。ランチから用意されており、その点でも驚異的。嬉しさ倍増です。

ケララバワン・ウィークリースペシャル『イードゥ・スペシャル』
ボクはこれにしました。

イメージ 6

定期的にかなり頻度高くスペシャルメニューが用意されるケララバワン。大変に楽しいです。今回は6月14日~20日までの限定として、イードゥ・スペシャルの名前のメニューがありました。イードゥ・アル フィトルはイスラム教徒のラマダーン明けのお祭りです。2018年のラマダーンは5月16日水曜日から6月14日木曜日。ちょうどこの会食の日、14日が今年のラマダーン明けの日だったんですよ。ケララバワンはイスラミックレストランではないですが、インドの食文化を幅広く紹介してくれるこの期間限定のスペシャルメニューにはいつでも期待しているんです。

セットには下記のものが。

タラシェリ・プディヤッピラ・ビリヤーニ

イメージ 7

骨付きマトンのビリヤーニ。これがまたうまいんだ!マトンが香り高く、しかしクセを感じずでとても美味しい。軽い食べ心地でさらさらとお腹の中に消えてゆきます。

イメージ 8

カッチャンバールはヨーグルト・サラダ。ヨーグルトで野菜を和えたカチュンバルサラダ。野菜がたくさん入ってなるほど、これくらい野菜が入るとライタというよりカチュンバルと呼びたくなるなあ。おもしろいなあ。

マラバール・チキン・クルマは穏やかで口当たりまろやかなチキンカレー。クリーミーでボリュームを感じます。なるほどムグライ料理由来ということですね。高級な感じ。

バットゥーラは揚げパンです。これはすぐにしぼんでしまうので要注意。熱々のうちにどんどん食らいつきたいパンです。美味しいよお、これ。

パパダムは豆せんべい。パパドではないんだよね。南なのでパパダンと呼び方が変わります。

ドライフルーツ・バルフィはデザートの甘いもの。これにもまいった!!

イメージ 9

なつめのドライにしたものが甘くて濃厚で。ノン・シュガーなのに幸せな甘さで素晴らしい。他にもナッツなんかが入っていて小さなサイズから想像できないほど食べ応えがあるんですよ。仕上げにはポピーシードが散らしてありました。いやこれとても好みだなあ。高級品という風情。ほんっとうに美味しい。すんごく好き。もっとインドのスイーツがみんなに知られてどんどん食べられる環境になるといいのになあ。

イメージ 10

いやしかし、なんともはや、充実の内容だったねえ。

漫画家のお二人はやはり同じご苦労も多いみたいだし、食やライフスタイルの漫画というところにも共通点があって業界話も含めて盛り上がっていらっしゃってました。おひきあわせをできてよかったとホッとしました。
流水先生は大きな山を越えてひと段落の時にお声をかけた形になって、お疲れのところだったけれど来ていただけるタイミングを作ってくださったことも同じくホッとしました。

楽しかったし美味しかった!!
流水先生、サッシーさん、本当にごちそうさまでした。


そうだ、追記したいことがあるのでもう少々。
ムスリムの優しい友人から教えてもらったお話を。

ラマダーンは断食のことを指すのではないんですよ。
イスラム暦であるヒジュラ暦の9月の名前のことをいうんです。その月にイスラムの教義の一つ「サウム」=断食を行います。ただ、断食という行為にすべての意味があるのではなく「聖なる月」の間、日の出前から日没の日中に一切の飲食を断って、空腹や自己犠牲の中から飢えた人や平等について考える期間なのです。またそれだけではなくて、争いごとや悪口、喫煙、性的なものなどへの欲なんかを抑えて清浄を旨に信仰を深めるものなのだそうです。お話をしたりするとイスラムの人々はみんな優しいんですよ。その理由がここに垣間見える、というわけです。

#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス