年内満席「トラットリア・ラ・マルゲリータ」で温かい気持ちになれるディナー! | ごちそう♡さがしドットコム

年内満席「トラットリア・ラ・マルゲリータ」で温かい気持ちになれるディナー!

本日のピックアップフォトは予約が取れない名店「トラットリア・ラ・マルゲリータ」で食べた「ピッツァ・モッツァレラ・エ・ポモドーロ(ウルトラプレミアムトマトとモッツァレラチーズのピッツァ)」です。

1年に2回しか予約を取らず、手間暇かけた丁寧な仕事をしたいという理由で、1日に3組の時間をずらした予約しか受けない真面目な仕事をする店なので、年内のお席は全て満席です。年に2回の予約日で1年分の予約が埋まってしまう狭き門ですが、全てが美味しく店主のこだわりを感じることが出来る素晴らしいお店でした。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

京急の雜色駅から徒歩10分程度の住宅街の中に「ラ・マルゲリータ」というお店があります。

食べログへの投稿は不可ということで、投稿件数が少なく点数も低い評価になっていますが間違いの無い名店でした!。

店主も今の時代はインスタグラムやブログなどへの投稿は仕方ないのでしょうねと話していました。

いくらブログ等で紹介されても、半年に1度、年に2回だけ予約の日を設けて、1年分の予約がその日に決まってしまうので、行くのはかなり難しいお店ですよ(笑)。

「本日は満席です」という張り紙を見たことはありますが、本年中のお席は満席というのは初めて見ました(笑)!

また、こちらのお店はワインを美味しく飲んで貰うためのレストランなので、ワインを楽しめない人は行くべきではありません。店主から聞くワインの話しも楽しいし、輸送までリーファーコンテナ(温度管理の出来るコンテナ)にこだわりを持つインポーターのワインしか置かないし、国内配送や保管の温度管理もしっかりとしているので、ホントに美味しいワインが飲めますよ。

初めに頂いたワインはヴァン・ムスー メトド・トラディシオネル ペルル・ド・ロッケ ブリュット・ナチュールです。フランスのブルゴーニュ地方で作られるシャルドネ100%のビオの微発泡ワインで、すっきりと美味しくて、夏の1杯目には最適でした。

次のワインは、ゲヴェルツトラミナー2015 ナルス マルグライドというイタリアのアルトアディジェの白ワインでした。「ゲヴェルツトラミナー100%」の辛口ワインで、フルーティでアロマ豊かな感じのワインでした。

みんなで乾杯して食事がスタートします!!

黒毛和牛カルビの超こだわりサラダ仕立てスペシャルヴァージョンは、14年熟成の最高級バルサミコ酢を使ったドレッシングが使われていて野菜も肉も楽しめますよ。

サルシッチャと高級サラミの盛り合わせ6人前。

肉の旨味をしっかりと楽しめて、ワインが進みました。

この日楽しみにしていたのがピッツァ!

「ピッツァ・モッツァレラ・エ・ポモドーロ(ウルトラプレミアムトマトとモッツァレラチーズのピッツァ)」です。

僕は滅多に食べる機会が無いローマスタイルですが、生地作りからこだわっていて、トッピングの具材にもシェフのこだわりを感じる1枚でした。

抜栓した赤ワインを美味しく開かせるための秘密兵器も用意されていました。

これを装着して注ぐと空気をたっぷりと含んで短時間で開かせることが出来ます。

赤ワインは、フランスのラングドックで作られた「シャトー ラ ネグリ ラ ファレーズ」を頂きました。

完熟したブドウだけを手摘みで収穫して使うワイナリーで、色は濃いルビーレッドでベリー系の薫りを基調としたしっかりとした薫り、味わいもフルボディでお肉やトマト系の料理ともよく合いました。

ピッツァはハサミでカットして人数分にカットして頂きます。

セコンドとしてハンガリーの食べる国宝「マンガリッツァ豚」とスペインを代表する黒豚の最高峰「イベリコ・ベジョータ」の盛り合わせをお願いしました。どちらも世界トップクラスの高級豚肉なので盛り合わせで食べたのは初めてでした(笑)。

パスタは脂を落としながら焼いたヘルシーなベーコンと赤唐辛子の辛口アラビアータソーススパゲティです。これ、フィレンツェで地元の方に人気の食堂「Trattoria "da Ruggero"」で食べた、この店の名物パスタ「カレティエッラ」にも似た印象の実に美味しいスパゲティでしたよ。

ピッツァが美味しかったので、追加でゴルゴンゾーラとウルトラプレミアムトマトのピッツァ:1950円

使われているチーズやトマトの美味しさはもちろんのこと、生地に旨味がしっかりしているので何枚食べても飽きませんね。

小川町のフィレンツェ郷土料理の名店「ZECTゼクト (ZeCT byLm)」の藤枝シェフがパスタを取り分けてくれたり、日本一のガトーショコラとして有名で、最近はファミリーマートでも監修のスイーツが発売されるなど、大活躍のケンズカフェ東京の氏家シェフが、ピッツァをハサミでカットしてくれる貴重なテーブルでした。

食後のティラミスは砕いた珈琲豆を14ヶ月も漬け込んだお酒を使う自慢のデザート。

濃厚なマスカルポーネと薫り高くて美味しい珈琲がたまらなく美味しい!!

かなり量が多いので半分はお持ち帰りさせてもらいました。

普段テレビなどではクールに食の解説をする1級フードアナリストの齊藤千晴さんが、シェフが持ってきたケロ吉君に色々と話しかけて、子供のようにはしゃいでいましたよ(笑)。

食後酒として、アピアナーエ(ディ・マーヨ・ノランテ) ”Apianae (Di Majo Norante)” とグラッパを頂きました。「イタリアで最も感動的な甘口のひとつ」とワインアドヴォケイトでも絶賛されたワインで、ティラミスト一緒にも楽しめる美味しい甘口ワインでした。

最後にはシェフも一緒に記念撮影をさせてもらいました。

来年2019年後期7月~12月の予約受付日は今年の11月ですが、詳細は店頭に貼り出してあるので、直接お店まで行って、貼り紙に書いてある次回の予約受付日を確認して、その日の13時から21時までの間に電話をかけ続けて予約をとりましょう。今回の予約も去年の11月に6時間ほど電話をかけ続けて、やっと取れたということだったので、根気よく電話をかけ続ける熱意も必要です。
それ以外の問い合わせ電話や、お店に直接行って予約をしようとしても絶対に受けられないのでご注意くださいね。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

トラットリア ラ マルゲリータ
電話:03-3737-7877

完全予約制

*年に2回しか予約を受けず、その日は店頭に貼り出されるので
全員ワインが好きで1人ボトル半分以上飲めること。
住所:東京都大田区西六郷2-39-5
交通手段     
雑色駅から徒歩10分。
雑色駅から720m
営業時間     
不定(完全予約制)
定休日:月曜日・火曜日・木曜日・日曜日
予算(口コミ集計)     
¥8,000~¥9,999
完全禁煙
お子様連れ:不可。

←食べあるキングメンバーです

メシコレ公認キュレーター ←メシコレキュレーターです

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス