カレーですよ4539(森下 カトレア)むかしばなし。 | ごちそう♡さがしドットコム

カレーですよ4539(森下 カトレア)むかしばなし。

カレーパンに積極的じゃないボクです。
うーん、好きなんだけどね、でもやっぱりカレーライスを優先しちゃうんですよね。でも、ここだけははずせない、というカレーパンのお店もあります。



カレーですよ。



ボクの生まれは東京下町。

むかしむかしの50年ほど前。ボクの生まれたおうちの前には巨大な三菱の工場があって、ドブ川が流れていました。並びにはお肉屋さんがあって、酒屋さんがあって、お肉屋さんは今でもやっていて、大好きなシュウマイとコロッケの味はずっと変わらないままです。

イメージ 1

その並びのそのまた先、新大橋通りの角にパン屋さんがありました。メイカ堂というなまえだったよなあ。メイカ堂は名花堂。名花堂は森下の、


「カトレア」


の前身でした。

名花堂は下町にいくつかあって、近所だと先ほど出て来た三菱の工場跡地にできた大島六丁目団地の中にメイカ堂の名前でパン屋さんが入っていたのを覚えています。もしかすると新大橋通り沿いのあの角のお店が団地ができたのを機会にそちらに移ったのかもしれません。

イメージ 2

あと、中の橋通り商店街の入り口に「メイカセブン」の名前のパン屋さんがあります。ここら辺はきっとどこもなんらかのつながりがあるんじゃないでしょうか。

子供の頃はメイカ堂の甘食がなによりも好きでした。カレーパンはもう少し後になってから好きになったと記憶しています。

しかしやっぱりカトレアのカレーパンは最高だよなあ。

イメージ 3

昔懐かしカトレアのカレーパン、カトレアが名花堂の頃から馴染みなわけで、甘食と並んで子供時代からの味、なのです。いいわるいとか評判とか関係なく、ボクにとってとても大事な味です。そして世間からも評価の高い元祖カレーパンでもあるんですね。

元祖カレーパン。元祖であるから、とか馴染んでいるからではなく、単純にこれを代替えできるカレーパンがないのですよ。だから買いに来るのです。いつ食べてもきちんとうまい。そこが素晴らしいよなあ。

イメージ 4

まず良いのがカレー餡。
絶妙な粘度でパンから流れ落ちず、そしてカレーライスの醍醐味である「いっぱい食べて大満足」をパンという範囲の中でちゃんと体現しているのがすごい。これは他のカレーパンではなかなか体感できないものです。餡の量が多いんだよねえ。とても多い。そこが素晴らしい。
餡の味、やっぱり昔のカレーライスの味になっていて、それも大いに魅力的です。手にまとわりつく油の量が多くて心配になるんだけどね、でもなぜだか胸焼けがしないんです。なるほど、それは悪い油は使っていないということ。そうだよね。

そしていまだに辛口のカレーパンを知らぬ人もいるようです。そうなの、元祖カレーパンには現代においては辛口もあるんですよ。個人的にはこちら(辛口)の方がモダンでバランスがいい気もしているんだけどね。

イメージ 5

いい気がしているのにやっぱり元祖カレーパンの方も当たり前のようにセットで買うわけです。選べるものではないのだよ!

そしてダテで元祖を名乗っているのではないことが、食べればわかるんだよね。

一度体験してみてください。

#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス