カレーですよ4544(北杜市日野春 アウル)キャンプとカフェとインドカレー。

山梨県はなんでだかとっても好きで、大好きで、なんかあるとすぐハンドルが国道20号に向いてしまいます。
それで、よく行くのは富士五湖周辺と甲府です。この間は白州にも行ったしね。とにかく富士山あたりから県境までみんな好きなわけです、、、なんてね、この間のアーヴェントのタンドールパーティーの記事に書いたばかりですが、やっぱり山梨界隈、富士山周辺と甲府、八ヶ岳が好き。



カレーですよ。



以前八ヶ岳に向かう道すがら見かけて次回ぜひと思っていたお店がありました。
甲府、韮崎を越えて、釜無川と中央本線を間に挟む甲州街道と並行して走る県道17号、七里岩ライン。
中央本線日野春駅を過ぎたあたりの道沿い、線路沿いにそのお店はあるんです。本当に道沿いで、その道の横を中央本線が走っていて、線路と道に挟まれた場所に建つ、ここ、


「アウル」


半年ほど待って今回やっとチャンスが回ってきたんです。

今回はちょっとキャンプでも、と白州、尾白川の川べりで楽しく過ごしました。前日、本栖湖のキャンプ場で雨に降られたので、尾白ではバンガローを使いました。なんだか楽しかったなあ、バンガロー。あんまり使ったことがなかったけど、あれは気でできたテントみたいなもんだね。そんな気分で使うと便利だし快適だし、何かまた新しい使い方ができそうだなあ、と思いました。原稿ためちゃったらバンガローに荷物箱いっこ置いてそこで原稿書きしてみるかなあ。尾白のキャンプ場、ギリギリWiMAX届いてたしなあ。

さて、前回の山梨。ハンドルを握る車窓から流れる景色の中にカレーの文字の幟を見かけました。おおっと思いアクセルから足を上げるとしゃれた喫茶店風。今回やってきて駐車場に車を止めるとインドカレーとパンケーキという表記。おやおや、ますます期待が高まります。喫茶店ではなく洒落たカフェでありました。

車を停め、店の扉を開くとそこは古い一軒家を改築した、感じの良い快適な店内。奥には座敷も見えて趣があるんです。あ、ここ好きだなきっと。早速メニューから、


「ツインプレート キーマ&ムルギ」


を注文。
連れは「平日ランチセット 野菜カレー」を同じく注文です。
白い壁にダークブラウンのウッドのアクセントが配され、そこに同型のダークブラウンとかウッドとかのチェアではなく、赤いレザーチェアを入れる感覚。これはなんとも素敵なセンスで脱帽です。あ、カレーがきた。

ツインプレートはターリ盆に大きなカトリ2つとご飯、ピクルス、サラダが乗る充実の内容。
カレーは3ライン用意されていて、それぞれムルギ、キーマ、野菜となっておりここから選ぶ形。ボクはムルギとキーマを選びました。

ムルギカレー
クローブがはじめに香る、基本のキを知る良質なインド風カレーです。トマトとタマネギベースで旨味が強く基本に忠実な良カレー。こういう真面目な味はとても好きですよ。安心して楽しめる王道のひと皿です。背筋が伸びる感じがします。カトリは大きく量をたっぷり楽しめるのがまたいいね。レギュラーサイズのカトリって日本人の目から見ると小さいんだよね。ケチって思う人もいるらしいんです。ジャパニーズカレーライスと比べちゃうんだよね。でも食べ終わるとちゃんと十分なことを思い知るわけですが。とはいえたっぷりはやっぱり嬉しい。気持ちが嬉しい。

キーマカレー
ポークの旨味と香りがガツンと前に来るボリュームを感じる味で、インパクトがあります。にょろにょろっと、挽いた挽肉がそのまま見えるビジュアルもなんだか憎めない感じですき。噛めば噛むほど旨味としょっぱみが口の中で爆発してごはんが止まらなくなるこれまた良いカレー。脂っこいという人もいるかもしれないですが、その脂に旨味が強く宿るのよ、それを気がつかなくちゃいけない。個性の範囲内でクセにはなっていないし、いいですよこれは。キーマは本当に千差万別で、脂が強すぎるものもままあるのですが、こちらのカレーは脂がちゃんとうあっみ方面に働いていて隙がない。旨いんです。

サラダはコールスロー。でもレタスもたくさん入ってて、豆やビーフビッツかなこれ、いろいろと凝っていて楽しいものです。いいサラダです。レストランのランチはまずサラダから手を抜いていくのでここが引き締まっていると嬉しい、信用できます。
それとオリジナルだと思います、ピクルス。
いや、これが良かった。すごく良かった。酸味と素材の味が程よくバランスしており大変美味しいのです。これはかなりのもの。印象的でした。お酒のアテにもカレーの付け合せにもいい、万能選手。

同行者の頼んだ野菜カレーがね、これが特筆の旨さなのですよ。これにはまいった。この野菜カレーだけが飛び抜けてスパイスが強く、個性的な使い方をしているのです。辛さも3種の中でグッと頭一つ分力強い。キャラクター光る大変に美味しいものでした。レンティル豆が入るのもいいね。野菜、たくさんの種類が入っています。お汁メインではなく野菜を食べる感じです。

これは単純に想像なんですが、これは戦略なんじゃないかなあ。

まず、立地的にもインド料理を理解する人はそう多くはないと思われるこの場所です。そこにインドカレーという看板。カレーという言葉を聞いて「肉が入っていなければカレーに非ず」というお客さんも多い土地柄じゃないかしら。
そこで、チキン、キーマはインド料理、インドカレーとしてわかりやすい基本の味に据えて、なおかつ肉を前に押すバランスのきちんと旨いもの。
野菜カレーは逆にこの地域では初見のお客さんからは「肉が入らない!」ということで後回しにされる可能性が大きいと想像したわけです。それともう一つ考えられるのが野菜カレーをあえて選ぶ層はインド料理などに初めから興味がある層をも擁するところもあるでしょうね。
そこで野菜カレーに関しては店主渾身のスパイス感、個性を打ち出したものに持って行ったのではないかな。辛さ的にも3種の中で一番辛くしてあるんです。心地の良い、でも力強い辛さでした。
野菜カレーを辛めに仕上げるのは都市部でも少数派ですが、あえてそれをやってのけているところに気概を感じます。いやもう手放しで称賛。願わくばこの野菜カレーの味の方向を崩さずに発展してもらえれば、と願います。

どの料理も盛り付けにもこだわった楽しいもので、満足感は高かったですねえ。いいよ、とっても。パンケーキメニューはいわゆるホットケーキトッピングのスタイルで、甘いものオンリーの様子。とはいえお腹に余裕があれば食べてみたかったよ。

お腹が落ち着いてお店の中をキョロキョロと眺めると、アウルの名前の通り、フクロウをモチーフとした雑貨やインテリアなどが控えめに配されて、でもファンシーには傾かないというバランスを上手に保っているのが大変心地いいのです。禁煙、ペットOKというのも見逃せないね。

店の窓からは中央本線がやってくるのが見えるのもボク的には特筆したいです。写真取りたいです。窓側の席も座ってみたい。

また山梨にお気に入りのお店ができました。次回も必ず立ち寄ることになりそうです。
また白州の道の駅にお水汲みに行こうっと。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ 


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする