「ミルク一万年の会」で酪農・乳業の東京歴史散歩〜ブラミルクでした

 

「ミルク一万年の会」またの名を ミルキクあるク1万5千歩の会で、

明治期の東京における酪農、乳業の歴史散歩をしました
 

 

広尾のど真ん中で15頭の牛が飼われ牛乳を販売していた 

「七星舎」は今もその名をビルに残しています。

 

当時牛乳とは、最もおしゃれで西洋の香り漂う最先端の飲み物であり、ブルジョワの象徴だったのか〜。今で言うと何に当たるでしょう〜?
これを飲むことがイケてる証しになるような飲み物食べ物〜〜。

ひと頃前のスタバみたいな存在か〜 でも生産現場から産直ですからね〜。

なんてこと考えながら歩く #ブラミルク
いろんな人が参加されていて楽しかったー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

この足で歩きこの目で発見して得た記憶は、誰のものでもない自分の経験、わたしの物語になりますからね。
 

 

 

ブラミルク@東京第4弾。

汗ばむくらいの良い天気の中

 

北海道開拓使仮舎跡地(芝公園)➡グラント松(増上寺)

➡七星舎牧場跡地(広尾)➡第3官園跡地(博夫の堀田坂周辺)

➡ケルネルの田圃(駒場野公園)➡四谷軒牧場跡地(経堂)と回りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

四谷軒牧場跡地にある牛魂碑での集合写真

 

 

 

 

ブラミルク仲間と打ちあげ〜
 

次回は第5弾!

 

ベジアナ・酪農アナ・あゆみ

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする