高畠町の酪農家 中川さん


高畠町 中川さんの牧場で乳しぼり




乳房の血管を目の当たりにすると、
お乳って、お血血なんだなと思います




集乳車のおかげで、毎日運ばれる







娘さん夫妻が後継者
婿さんが、毎朝5時から働くので、
中川さんはおちおち寝てられなくなったそう
婿さんに聞くと、
酪農の仕事は初めてだけど、
「負けてらんねえ」から早起きして仕事するのだと言葉少なに語った
感動した
お父さんお母さん、どれほど嬉しいことか。
本人は牧草キチガイなんだそう
とにかく牛には草が大事
濃厚飼料与えても乳脂肪分初めて高くならない
どの酪農家もすべて、生乳の販売価格は違う
成分によって価格が違うからだ
より成績のよい乳質にするために
時給粗飼料100%





牛のあたたかさ

こんな体験したら子供は忘れないだろう


ベジアナ・牛さん🐄アナあゆみ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする