カレーですよ4592(佐倉 サダフ)イランレストランのインドカレー。

 
なんかふと行きたくなる時があるお店があります。
そういうお店、いくつかありますが、その中でここは場所もスタイルもジャンルも異質の店。



カレーですよ。



まずこのお店はジャンルとしてイランレストラン。ボクの行きつけで中東料理のお店はほとんどありません。そしてランチブッフェ。ブッフェの店もいくつかのお店にしかいかないもんなあ。特筆は場所だよなあ。どう考えても普通の人が入ってこられない鉄壁の3重防壁が特筆のお店なんだよなあ。

ここは千葉県佐倉。周辺に駅はありません。あえて駅からの時間を記せば、2~3の電車駅がありますが、それぞれ30分以上歩きます。はなから駅とか電車とかの商圏はあてにしていないということです。そんな場所にこのレストラン、


「サダフ」


はあります。
いかにも中東の人の名前という屋号のイランレストランです。

イメージ 3

その敷地。あえて敷地と言いますが、まず工事車両しか入らないだろうと思われる外観の敷地なんですよね。その入り口はそれも当然、中古車のジャンクヤード団地への入り口です。看板にレストランと読み取れる人がどれだけいるのだろうか、という感じ。
そして敷地内を迷い(張り紙もあるけど何度来ても駐車場の入り口を通り過ぎるんです。あまりに何気なくて)たどり着けばやっているんだかいないんだかの空気感を醸し出す、あの駐車場とエントランス。

イメージ 2

入り口の扉を開ければ謎の誰もいない小部屋(玄関)。思わず引き返しそうになること請け合いです。

しかし、低い階段を登り、もう一枚の扉を開くと驚きの盛況ぶり。
おやおや、一体どうなっているのか、毎度来るたびに理解に苦しむわけですが、細かいことを考えずに食事を楽しんだ者の勝ち。そういうことです。

さて、ムスリムブッフェと行きましょうか。

イメージ 1

店内は天井高く、広々としたホールにレジの前に大きなカウンターがあってそこにブッフェ料理が整然と収まっています。カウンターの裏はドリンクコーナー。紅茶とコーヒーなどが飲み放題。ランチブッフェの値段にインクルード、というわけです。料理はだいたいいつも、インド定食スタイルのカレー1種、ポロ(イランスタイルのプラオ、ピラウ)1種、スープ(結構いつでもがっつりの飲みごたえ、食べごたえのもの)、肉料理、長粒米のごはんという感じ。これにナーンとサラダはウェイターがサーブしてくれるという内容。大充実です。

スープ

イメージ 4

マトンの香りがするスープ。マトンだしの野菜スープという風情のもの。ピリ辛で温まるおいしいやつです。これはいいなあ。キャベツ、玉ねぎ、にんじんにキノコなどが入っていて、肉自体は入らないんですが、マトンのガラで作ったスープなのかすごいコク深い味です。嫌なクセはありません。これはいくらでも飲めるよ!カレーもいいけど、むしろこれとごはんを合わせるほうが好み、いいかもしれないなあ。珍しくうちで自分で作ってみたくなった味でした。たくさんおかわりした!

パラックチキン

イメージ 5

ちょいとスパイス強め、辛めのパンチのある味の仕上げになっています。好みの味の北インド、ムガルスタイルのほうれん草カレーでした。ちゃんとキャラクターが強くて他の料理に沈まない個性と力強さが気に入りました。うん、これもおいしい。いいね。

マトンポロ

イメージ 6

ごはんはマトンのポロ。ポロは中東のチャーハンです。あまり具材たっぷり、マトン押せ押せにはなっていなくて、さらりとしているのが美点です。が、なめてかかってはいけないよ。そのマトン、少し入ったマトンの香り良さとふんわりした仕上がり。マトンでふんわりなんて言葉使うことになるとは夢にも思わなかった。これはカレーをかけないで、単独で味わうべき素晴らしいものです。上品、繊細、敢えて言えば日本の炊き込みご飯の繊細さと同じような部分がある気がするよ。ずっと食べてしまって危険。おいしい。

サフランライス
サフランライスも用意されていました。ターメリックではなく、きちんとサフランライスです。塩味がきっちり効いているのが新鮮で、単品でも食べられてしまう感じのすごく美味しいもの。そうかあ、こういうのもありかあ。これはいい、目から鱗です。香りと塩のエッヂで食べさせる感じがとてもよいです。これもクセになるな。

イメージ 7

こんなラインナップにナーン1枚分(中東なので丸ナン。4ピースカット)がサラダとともにサーブされます。
用意されるドリンクパーの紅茶のティーバックは強いベルガモットがうれしいフレイバーティー。何もかも満足だなあ。やっぱりいいなあ。

もともとこの場所、ストックヤードの従業員の中東やカスピ海周辺国のムスリムの人たちのレストラン兼クラブハウスというカラーが強かったんですよね。
しかしいまや近所の日本人のおばあさん3人組とアフガンの人が隣同士の席で楽しそうにやっているという状況。
向こうには近くの幼稚園の先生たちもいるみたいです。面白いバランス、光景だねえ。とはいえ大半は荒っぽい仕事をこなすクルマ関係の男性たちがお客さん。

イメージ 8

そんな中、巨大なモニターではマライヤキャリー似のイラン美女が歌って踊ってノリノリだし。
インテリアもそこここに豪奢なノリが好きな中東の人の趣味が反映されるのも楽しいです。

佐倉の畑とジャンクヤードの中でこの異常事態。相変わらず楽しい場所です。一度体験してみるといいと思う。ぜひクルマでね。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はガジェットやYouTube、オンラインライブなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする