北海道を支えるのは家族農業!酪農家の青年に教わった家族農業の10年と農村で生き続ける権利

 

去年12月に訪ねた北海道JA青年部大会で頂いた冊子の中に「青年の主張」が載っていたのでページをめくっているうちに、一人の酪農家の話に引き込まれました。
 

 

 
JAしずない青年部の新規就農!田島義晴さんは、兄弟思いのすばらしい話でなんと最優秀賞。
 
そして、優秀賞だったJAけねべつ青年部の須藤宗裕さんの話もまた家族農業を表していました。
 

 

 

 

北海道中標津町の一人の酪農家 青年の主張に教わりました

北海道を支えるのは家族農業だったのだ。
 

家族農業の10年のはじまり

同時に、先ごろ国連が採択した「小農宣言」とは:小農と農村で働く人びとの権利に関する宣言=人が生きる権利を問うこと。

当事者である農家自ら「農の喜び」を言葉にしていく必要性日本農業新聞に書きました 

https://www.agrinews.co.jp/p38066.html/p46354.html

 

 

 

ベジアナ・あゆみ

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする