パスタで旅するイタリア旅行を満喫!

本日のピックアップフォトは、麻布十番にあるラ・パスタイオーネを貸し切ってお願いした「パスタで旅するイタリア旅行」で出てきたティラスーゴというイタリアでも昨年発売されたばかりのネジネジ状のパスタに青海苔と小柱、柚子胡椒のクリームソースを使った「カンパーニャ州」イメージのパスタです。
この日は16人の食いしん坊と一緒にサラダ、前菜3種、パスタ5種、ドルチェとイタリアの色々な州を旅してきましたよ(笑)。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

麻布十番の「ラ・パスタイオーネ」はマニアックなパスタオタク米永シェフの感性と、素晴らしいパスタで多くの食通を唸らせてきたイタリア料理店です。

今年で5年連続ミシュランガイドのビブグルマンを受賞している名店なので、イタリア全土のパスタを知り尽くしているシェフにお願いして、北から南までの色々な郷土パスタを作ってもらう会をやりました。

16人集まるとこれ以上はイスがないというくらい満席(笑)。

全員を知って居るのは僕だけでしたが、いつもの皆さんも、初めましての人も「食いしん坊」という共通項でくくられるので、あっという間に仲良くなって話が弾みました。

スターターは定番の加賀野菜と山形の舟形マッシュルームを使ったたっぷりのサラダから。

初心者の皆さんは「え?ひとりずつ??」と驚いていましたが、これがパスタイオーネスタイル。

ワインも白と赤で何種類か用意されていて、料理に合わせてくれるので、つい飲み過ぎます(笑)。

1:カルチョーフィの米粉フリット(ピエモンテ州)

ピエモンテ州は冬季オリンピックも行われたトリノを擁する州で、アルプスやワインが有名。
僕はカフェ好きなので、トリノの中世の街歩きをしながら、バール巡りをするのが最高に好きです。

カルチョーフィはヨーロッパの人が大好きなアーティチョークのことで、ピエモンテは米もよく作られているので米粉でフリットにしているそうです。
2:ムゼットとクレン、タルティーボのサラダ添え(フリウリ・ヴェネト・ジュリア州)

ヴェネチアが有名なフリウリ・ヴェネト・ジュリア州は、オーストリアやスロベニアに面するイタリア北東部の州でワインやカフェ、サンダニエーレのハムなどが有名です。

フリウリの「ムゼット」は、豚の肉と脂を使ったサラミで、他の地域の「コテキーノ」と似ています。

肉の脂を感じるサラミなので、クレン(ホースラディッシュ)や、タルティーボ(ラディッキオ)で、さっぱりとさせていて、とても美味しくいただけました。

3:プレディファーベとチーマディラーパ(プーリア州)

プーリアはイタリアのブーツのかかと部分に当たる州で、世界遺産アルベロベッロが有名。

プレディファーベは乾燥空豆のペーストで、チーマディラーパは旬の菜花です。

このプレディファーベが恐ろしく美味しくて丼一杯食べたいと思いました(笑)。

4:冷製リングイネ
インゲンとじゃが芋のジェノベーゼソース(リグーリア州)

港町ジェノヴァや、フランスから続くリヴィエラなどが有名なリゾート地もあるのがリグーリア州。

今回のメンバーが食通の人ばかりなので、シェフも「普通じゃ面白くないでしょう」と言って、リグーリア州のジェノベーゼを冷製で出すという意表を突くパスタでした。

ジャガイモや松の実、インゲンがバジルのソースとよく合っていました。

6:ティラスーゴ
青海苔と小柱、柚子胡椒のクリームソース(カンパーニャ州)

カンパーニャ州は僕も大好きなナポリが州都で、ナポリピッツァや乾麺、モッツァレラチーズ、ワインが美味しくアマルフィやカプリなど観光名所も多い州です。

トップの画像で紹介したイタリアでも発売されたばかりのネジネジ状のパスタです。

食べあるキングでは焼きそば担当で、テレビやラジオでも活躍している塩崎さんに持って頂きました。

青のりが乗ってるから、焼きそばにも見えるパスタというだけの理由です(笑)。

5:トンナレッリ
ローマ風トリッパのトマト煮込みソース(ラツィオ州)

ラツィオ州と言えばローマが有名な、南イタリアを代表する州です。

トンナレッリは四角い断面のロングパスタで、州によってはキタッラと呼ばれているものとほとんど同じです。今回はローマ風のトリッパのトマト煮込みということで、ミントを合わせて、さっぱりとした味わいになっていました。

米永シェフは、パスタによる食感の違いや、ソースとの絡みまでしっかりと考えてメニューを決めるので、全てが絶妙で実に美味しいです。

7:ロリギッタス
仔羊とナス、ミニトマトのペコリーノチーズ和え(サルデーニャ州)

イタリアとフランスにまたがる大きな島がサルデーニャ島で、イタリアの中でも独自の文化を持つ島国です。

ロリギッタスはサルデーニャの郷土パスタで「リング(指輪)」という名前のパスタです。

仔羊とナス、ミニトマト、ペコリーノチーズなどがとても良く合う素晴らしいパスタでした。

しかも、トンナレッリに使ったペコリーノチーズはローマ産で、こちらのパスタにはサルデーニャ産のペコリーノチーズを使うこだわりも凄いと思いました。

こんな感じで指輪のような形になっているパスタです。

8:全粒粉のパッパルデッレ
猪と赤ワインのラグーソース(トスカーナ州)

フィレンツェが有名なトスカーナ州は肉料理が有名なので猪と赤ワインの煮込みソースです。

今回は全粒粉を使った食感と味わいと薫りを楽しめる幅広パスタ「パッパルデッレ」に、今年の干支「亥年」のイノシシ肉を赤ワインで推し行く煮込んだソースと合わせてくれました。

今回は16名だったので8名ずつ分けてそれぞれがとても楽しく盛り上がっていましたよ。

9:ドルチェ
サツマイモと黒ゴマのラッテ・イン・ピエディ(ロンバルディア州)

ロンバルディア州はイタリアを代表する大都会、ビジネスの中心とも言えるミラノを擁するイタリア北部の州です。

ラッテ・イン・ピエディとは牛乳プリンのようなお菓子で、生クリームを使うパンナコッタより牛乳を使ってあっさりと仕上げたものです。

米永シェフのは、黒ごまとサツマイモの風味がとても美味しくて、あちこちから「美味しい♪」の声が聞こえてきました。

添えられたピスタチオのジェラートがとても濃厚で、しっかりとしたナッツ感が実に旨かったです。

メンバーの中に前日に誕生日の方が居たのでバースデープレートも作ってもらってサプライズ成功!

エスプレッソを頂いてディナー終了です。

集まっていただいた皆様ありがとうございました。

また、楽しい食事会をやりましょう!!

僕が出演してナポリピッツァについてお話している「ワケあり!レッドゾーン」の、インターネット公式無料配信が始まりました。1月5日と10日の放送を見られなかった方はぜひこのリンクからご覧ください。

https://tver.jp/feature/f0030541

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

ラ・パスタイオーネ (La Pastaione)
電話:03-6809-3420

住所東京都港区南麻布1-6-3 YREビル 1F
交通手段     
東京Metro南北線 麻布十番駅 1番出口 徒歩2分
麻布十番駅から449m
営業時間     
(ランチ)
11:30-15:00(L.O.14:00)
(ディナー)
18:00-23:00(L.O.22:00)
日曜営業
定休日:月曜日定休 その他夏季休業、冬季休業などイレギュラー有
予算     
¥6,000~¥7,999 ¥1,000~¥1,999
カード可(VISA、MASTER、AMEX、JCB、Diners)
チャージ:ディナータイムはお席料としてお一人様300円頂戴しております。
席数:16席(8名様~16名様でメインダイニング貸切可)
個室:無(8名~14名でメインダイニング貸切可)
貸切:可(20人以下可)
完全禁煙
駐車場:無(近隣にTimesが6ヵ所あります)
ホームページ     

http://www.la-pastaione.com/
オープン日:2012年3月1日

 ←食べあるキングメンバーです

メシコレ公認キュレーター ←メシコレキュレーターです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする