代々木にあるローマピッツァの名店「イルペンティート」

本日のピックアップフォトは、代々木にあるローマピッツァの老舗「イル・ペンティート」で食べた「マルゲリータ・スペチャーレ」です。日本ではアメリカのピザが多かった1998年に、本格的なローマピッツァの店として誕生したのがこの店です。現在日本ではナポリピッツァの店が多いですが、パリッとしたローマピッツァの生地の旨さと、ワインやビールのあてとして食べやすいボリュームは魅力だと思いました。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

代々木のイルペンティートは昔から名前を聞いていて、行ってみたいお店の一つでした。

駅からちょっと離れた場所ですが常に満席で、店構えもクラシックなイタリアっぽい雰囲気です。

店の入口から入ってすぐの場所に目立つピッツァ場があり、イタリアから職人を呼んで作らせた薪窯がどーんと設置されていて、寡黙に仕事をする生田シェフの姿を眺めることが出来ます。

この店内の感じはイタリアのレストランに行ったことがある人なら分かる、良いトラットリアの雰囲気。

初めに前菜盛り合わせからスタートします。

前菜盛り合わせは、ドライトマトやカルチョーフィ(アーティチョーク)、小タマネギ、、ポテトサラダ。

どれもが美味しくてワインにぴったり!

スプマンテで乾杯をしてから食事会がスタートします。

今回声をかけてくれたのは大変な食通で、ITやモバイル、オーディオ&ビジュアルの評論家やコメンテーターとして活躍している本田雅一ご夫妻です。参加者はフードジャーナリスト岩谷貴美さん、真のナポリピッツァ協会認定店「DA ZUZU」の我妻友美さん、食いしん坊女子大生のYunoちゃんという異色のメンバーで楽しく食の話、イタリアの話、ピッツァの話で盛り上がりました。

ゼッポリーネも豪快で形も不揃いなナポリとは違い繊細な印象を受けました。

前菜盛り合わせに乗っていたポテトサラダがあまりにも美味しいので、丼いっぱいでも食べた~いと大きな声でおしゃべりしていたら、追加で出してくれました(笑)。

甘いキャベツのコールスローや、カゼルタから空輸している水牛のモッツァレラチーズ。

オリーブの肉詰めフライは僕も大好きで、これつまみながらビールが旨いんですよね!

アルバから仕入れてきた白トリュフを使ったサラミの薫りと美味しさに、そのまま食べても美味しいカンボジアの生胡椒を乗せたときの新たな美味しさなど、前菜から「これとこれ合わせたら凄く美味しい!」などと言いながらフルに楽しもうとする食いしん坊達(笑)。

アフェッタートミスト(ハム類の盛り合わせ)では、客席で仕上げをしてくれます。

パルミジャーノレッジャーノを削り、ライトの付いたミルでイリュージョンのように胡椒を挽きます。

レバーパテとモルタデッラ、ミラノサラミの盛り合わせに卓上で削りたてのパルミジャーノレッジャーノ、挽き立ての胡椒、フレッシュなオリーブオイルをかけていただきます。

野菜サラダも元気な野菜がたっぷりです。

ここまで食べてから生田シェフがピッツァを作り始めました。

1人分が80gと言うので、一般的なナポリピッツァ240gの約3分の1の生地を30cmの大きさまで麺棒と手で伸ばしていきます。

ここまで薄く伸ばせるのかと言うくらい職人技で破れないようにしっかりと伸ばしていきます。

ナポリのようなコルニチョーネ(額縁)を作らないので、縁まで綺麗にソースを塗っています。

蓄熱の高そうな大きな薪窯でしっかりと焼いていく様子は、ナポリのピッツァ職人達とも通じます。

今回は6人で6種類のピッツァを満喫しましたよ!!

淡路のタマネギをたっぷりと使った「チポッレ」は、タマネギの甘さとトマトソースが抜群。
「ペンティート」は、サンダニーレ産の上質な生ハムを使用して、モッツァレラチーズとマスカルポーネチーズ、グリーンペッパーというクリーミーでピリッとした人気No.1ピッツァ!

「フンギスペリオーレ」は、モッツアレッラ、マッシュルーム、半熟卵、アルバ産の白トリュフをすぐに漬け込んだという贅沢な薫り高いオイルをかけて、卓上でいただきます。卵を潰してソースのように混ぜてからいただきます。

悪魔のような辛いピッツァ「インデモニアータ」は辛味のスパイスを色々ミックスしてるようです。
5種類のチーズを使ったピッツァ「チンクエフォルマッジ」もワインが美味しく進みました。
これまでナポリピッツァばかり食べていましたが、イルペンティートのローマピッツァは抜群に旨いですね!!

今回は6人でシェアをするからカットして食べるんですが、12月にナポリに行ったときにナポリの名店でもハサミを使ってカットしていて驚いたばかりで、ここでも見るとは思いませんでした。

しかし、このスタイルだとピザカッターと違って切り残しがないので便利ですね。

ネットで調べたらオーストラリアの「ドリームファーム Dreamfarm」の製品で、お皿も傷つけないし、切り残しもない便利グッズでした。

ナポリの2人でローマピッツァを持つというレアな写真も・・・(笑)

ドルチェまで完璧でとても美味しかったので、また伺いたいと思いました。

自家製プリンやアマレーナなどどれお美味しいので、ドルチェまで食べないともったいないお店です。

ジュスティーノ B プロセッコ ヴァルドッビアーデネ スペリオーレ エクストラ ドライ ルッジェーリ
Giustino B Prosecco Valdobbiadene Speriore Extra Dry Ruggeri & C. S.p.a.

乾杯には1950年設立のプロセッコの造り手で三大プレセッコの作り手のひとつルッジェーリのフラッグシップ的存在「ジュスティーノ B」を用意してくれました。柑橘っぽいフルーティさとミネラル感を楽しめるスタートにぴったりのプロセッコ(スパークリングワイン)です。

Custoza Superiore Ca Del Magro Monte Del Fra
クストーザ スーペリオーレ カ デル マーグロ モンテ デル フラ

伸びやかな酸とミネラルに溶け合う深い果実感8品種ブレンドによる旨味あふれる最高峰クストーザ

キャンティクラシコ バディア ア コルティブオーノ
Chianti Classico Badia A Coltibuono

最後は有機ワイン認定を持つ自社畑で収穫されたブドウのみで造られているキャンティの赤。
フルーティさを保ちながら豊かな味わいで、完熟した果実の濃厚な香り、広がりと複雑味があります。フルボディの味わいながら、バランスの良い酸があり柔らかさと丸みのある味わいのワインです。

お誘いいただいた本田さん、イルペンティートの生田シェフ、素晴らしいディナーをありがとうございました。

僕が出演して8軒のお店を紹介している「ワケあり!レッドゾーン」の、インターネット公式無料配信が始まりまってます。2月18日までは観られるので、1月5日と10日の放送を見られなかった方は、ぜひこのリンクからご覧ください。

https://tver.jp/feature/f0030541

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

ピッツェリア・ロマーナ・イル・ペンティート 

PIZZERIA ROMANA IL PENTITO
電話:03-3320-5699

住所:東京都渋谷区代々木3-1-1 AXIS 1F
交通手段    
スマホやiPhoneのナビで来られる方、住所の入力は代々木3-1-1でお願いします。

住居表示の代々木3-1-3だと店の裏手に出てしまい迷うそうです。
代々木駅西口の改札を背にして正面のファミリーマートと、みずほ銀行の間の道をまっすぐ。

どこも曲がらずに5-6分歩いて小田急線のガードをくぐると道沿いにあります。
南新宿駅から231m
営業時間    
19:00~23:00(L.O)22:00
夜のみ営業
定休日    
日曜・月曜定休 日月以外は基本的に祝日も営業
予算(口コミ集計):¥6,000~¥7,999
支払い方法:カード不可
席数:24席
個室:無
完全禁煙テラスに喫煙スペースあり
駐車場:無
オープンテラスあり
ワインにこだわる
お子様連れ:18歳以下は不可
ホームページ    

 http://www.pentito.jp
オープン日:1998年4月5日

 ←食べあるキングメンバーです

メシコレ公認キュレーター ←メシコレキュレーターです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする