今年の誕生日ディナーは東北一のリストランテへ!

本日のピックアップフォトは東北一のリストランテ「パドリーノ・デル・ショーザン」で、昨年日本一のピッツァ職人となった三橋亨シェフに作ってもらった、優勝ピッツァ「スカルパリエッロ」です。

色々なフレッシュトマトやセミドライトマト、ニンニク、生胡椒、ペコリーノチーズなどで作る、味わい深いシンプルなピッツァで僕の大好きな味です。

この日はリストランテで、僕の誕生日用にコースをお願いして、母体となる酒蔵「勝山酒造」の素晴らしい日本酒や、秘蔵のワインなどと合わせながら、素晴らしいコースをいただき、コースの途中でピッツェリアのピッツァを入れてもらうというワガママなお願いをしたところ快諾していただきました!。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

仙台にある「勝山館」は伊達家御用酒蔵の勝山酒造の迎賓館的な建物で、明治・大正・昭和と皇室の方が仙台に来るときの宿泊施設としても使われた由緒正しい施設です。

日本料理店や結婚式場もあるので、素晴らしい日本庭園と能舞台までしつらえてあるのが凄い。

夏場にはこの能舞台と江戸時代から続く日本庭園でジャズライブをやって、シャンパンパーティをやったりするところが先祖代々続く伊達者といった感じですね。

高級ホテルのようなロビーから続くリストランテの入口は重厚感があります。

入口とメインダイニングの間にはシックなウェイティングバーがあるのも格式の高さが感じられます。

ウェイティングバーから広々としたメインダイニングに入ると、豪華なシャンデリアと能舞台のある日本庭園が見える仕掛けが素晴らしい。今回はメインダイニングの中でも少し高い位置にあるスペシャルなフロアで、勝山館の伊澤社長ご夫妻と一緒にディナーをいただきました。

飾らない性格の社長とは、ナポリや東京でも一緒に食べ歩きをしているので、久しぶりの再会で楽しいディナーになりました。

リストランテのコースは前菜から見せる要素と美味しさを兼ね備えたARTのような皿が並びます。

フェッラーリ マキシマム ブリュット NV  
FERRARI MAXIMUM Brut Metodo Classico 

シャンパンと同格のスプマンテを造りたいとの思いから設立。イタリア大統領官邸をはじめ国外のイタリア大使館の公式晩餐会などで必ず提供され、フランスでも愛飲される極めて稀なイタリアを代表するスプマンテ

ポッジョ アッレ ガッツェ テヌータ デル オルネッライア2014
Poggio Alle Gazze Tenuta Dell'ornellaia 2014

オルネッライアが造る希少な限定生産白ワインが「ポッジョ アッレ ガッツェ」です。ソーヴィニョン ブランを主体にヴェルメンティーノ、ヴェルディッキオ、ヴィオニエをブレンドしたという清潔感のあるフルーティーな香りと白や黄色の花のアロマが特徴のとっても美味しいワインです。

食いしん坊チームは、毎回乾杯しながら旨い酒のボトルが空いていきます(笑)。

そして伊澤社長がイタリアンにも合うと言って用意してくれたのが「勝山 純米大吟醸「簾(REN)」。

これは華やかな香りと、米の旨みを感じながら、ふくよかで透明感のあるスッキリしたお酒。

イタリア料理と合わせて食事中に飲むと最高に美味しく、一緒に楽しんだスーパートスカーナにも負けない素晴らしい日本酒でした。

妻の前菜はマリネしたタスマニアサーモンの自家燻製 オレンジとアーモンド ハーブのソース

僕は会津産馬肉のタルタル パルミジャーノ

テーブルや調度品だけでなく、全てのお皿や食器まで美しいのが勝山館。

この馬肉のタルタルは驚きましたね、スプーンで添えられたパルミジャーノレッジャーノをかけていただくと口の中でとろけるような馬肉の旨味がたまりません。

軽くスモークしたホッキ貝のペペロンチーノ サルデーニャ産カラスミ風味 自家製生パスタ”キタッラ”

僕は勝山館の無添加ベーコンと特選銘柄卵のカルボナーラ 自家製生パスタ ”ビーゴリ”。

濃厚な卵と、無添加ベーコンの旨味がたまらないカルボナーラで、ビーゴリは馬のような形をした昔ながらのパスタマシンで、筋肉痛が出るくらい強く絞り出すようなパスタなのでもちもち感が凄い。

サッシカイア 2011(SASSICAIA 2011)
圧倒的な存在感を放つ「イタリアワインの至宝」。 溢れ出すアロマとしなやかなボディが調和した エレガンス極まる仕上がり。
ワインスペクテーター2018年トップ100において世界第1位というスーパートスカーナです。

ここからのピッツァは社長と一緒にリストランテから厨房を抜けて、ピッツェリアまで作る様子を見に行きました(笑)。正面に回ると「真のナポリピッツァ協会」の認定看板と「日本ナポリピッツァ職人協会」の看板も掲げられています。

三橋シェフが生地を取り出して、しっかりと伸ばしていきます。

色々なフレッシュトマトやセミドライトマト、バジルをトッピングしてますね。

更にニンニク、生胡椒、ペコリーノチーズをかけて窯の中でしっかりと焼き上げます。

焼き上げてからも香りが立つようにチーズをかけていました。

トップの画像でも紹介した「ピッツァ・スカルパリエッロ」がこちらです。

ペコリーノチーズが持つ塩気とコクがマリナーラに深みを与え、カラフルなミニトマトと濃厚なセミドライトマトの旨味が追加されて、間違いなく旨いピッツァです。

次に出てきたのはフォアグラとトリュフのリゾットという超贅沢な逸品。

これはメチャメチャ美味しくて、スーパートスカーナ「SASSICAIA 2011」が最高に楽しめました。

妻が頼んだリゾットはホタテ貝と蕗の薹のジェノヴァ風です。

セコンドはオレンジとスパイスの香りをまとわせた牛ホホ肉のストゥファート。

これは赤ワイン「SASSICAIA 2011」があると聞いて、最初からこれしかないと決めた一皿。

「ストゥファート」というと日本人には馴染みがないかもしれませんが、牛ほほ肉を赤ワインやスパイスで長時間煮込んだ「ビーフシチュウ」だと思えば分かりやすいかも。

仙台苺のドルチェにはクレマカタラーナを添えてくれました。

フレッシュな苺と苺のソースにクレマカタラーナ(アイスプリン)が最高に美味しく、バースデープレートまで描いてくれて、最高にHappyな気分になれました。

もうひとつ妻が頼んだ林檎のバリエーションは、ゼリーやソルベ焼き林檎など、林檎を色々な形で楽しむドルチェでした。最後の小菓子まで美味しくてお腹いっぱいになりすぎました。

最後は素晴らしいピッツァを焼いてくれた三橋料理長も一緒に記念撮影でした。

来月のカプートカップでは、昨年のクラシカ部門に続いてSTG部門での日本一も期待しています♪。

勝山館の皆さん、素晴らしい料理とピッツァ、おもてなしをありがとうございました。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

リストランテ パドリーノ・デル・ショーザン

 PADRINO del SHOZAN
電話番号:022-222-7834

住所:宮城県仙台市青葉区上杉2-1-50 勝山館 1F
交通手段    
仙台市営地下鉄南北線北四番丁駅 徒歩6分 
JR仙台駅より車5分 
北四番丁駅から398m
営業時間    
ランチ11:30~15:00(ラストオーダー13:00)
ディナー17:30~22:00(ラストオーダー20:00)
日曜営業
定休日:毎週火曜日
予算    
¥10,000~¥14,999  ¥4,000~¥4,999
支払い方法    
カード可(MASTER、VISA、JCB、AMEX、Diners)
電子マネー不可    
サービス料10%
席数:50席
個室:有
■半個室2室[8名様・12名様]/■ガラス張り個室1室[8名様] ※チャージ料5,000円(消費税・サービス料別)/■完全個室1室[14名様]※チャージ料10,000円(消費税・サービス料別)/詳しくはお問い合わせください。
貸切:可
完全禁煙
仙台勝山館内に喫煙室あり
駐車場:有(160台)
空間・設備    
オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カップルシートあり、ソファー席あり、車椅子で入店可

ホームページ    
 http://www.shozankan.com/padrino-del-shozan/
オープン日:2009年

 ←食べあるキングメンバーです

メシコレ公認キュレーター ←メシコレキュレーターです

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする