はじめての江戸東京野菜講座を受けてきました!


#はじめての江戸東京野菜講座 を受けてきました。

#江戸東京野菜 とは?江戸時代から昭和40年代までに江戸東京で作られた「固定種の野菜」。いわゆる農家が自家採種してきた地域在来の伝統野菜です。有名な伝統野菜としては京野菜とか加賀野菜とかね。

江戸東京野菜はぜんぶで50種類もあります!(一昨日の理事会で49種から50種に増えたそう!)

江戸東京野菜、あなたはいくつ言えますか?

練馬ダイコン、亀戸ダイコン、小松菜、谷中ショウガ、アシタバ(八丈島も東京都ですからね〜)ぐらいは知ってても、50種類ぜんぶ言える人はまずいないでしょう〜。

わたしも #内藤とうがらし をせっせとベランダで作ったり、

#東京ウド の地下室「室(むろ)」入ったり、 #ノラボウ菜 は見かけたことはありますが、あとはほとんど知らない。

なぜなら50品種あるといっても、1種類の野菜をたった1人の生産者だけがぎりぎり守り継いでいるというような状況なので、市場にまず出回らない。

希少な野菜なのだ。

旬が限られているので幻の野菜だとも言える。

昨日の講座では大竹道茂さん、上原 恭子さん、福島 秀史 (Hidefumi Fukushima)さんの解説があり、

試食では #後関晩生小松菜 #早稲田ミョウガ #東京ウド をいただきました。



#早稲田ミョウガタケどんだけ〜

食べて勉強ってサイコー。

食べあるキング激辛女子の姫さん、スイーツ男子あまいけいきさん、野菜女子りえさんにご一緒いただきました。

それからアフター講座がすごかった。

押上にある東京産をこだわり抜くもんじゃ焼き居酒屋さん「よしかつ」でいただいた #ミツバ 太くて香りが濃くて感動的においしかったー。白い茎は土寄せして軟白化させるのだという。根っこはきんぴらに。

それからもんじゃ焼きとスズメバチのお酒飲んだあたりから〜・・・。

しかし世界じゅうの人々が知る大都会TOKYOに畑があり(田んぼもね)農産物がつくられているなんてすごいことですね〜。 

東京都の小池知事は東京の食を世界にアピールする絶好のコンテンツだとPRに力を入れようとしています。

50種類ぜんぶ覚えられるだろうか。

どれも個性的で育った場所も性格も違うから、 ETY50としてアイドル野菜にするのはどうだろう。

センター野菜は誰にするかETY総選挙だ!

わたしならそうですね〜、

ミツバちゃんか、後関晩生小松菜ちゃんに一票〜。

ともあれETY50の生産者を応援をします。

はじめての江戸東京野菜講座、次回は6/15に開催されます。

新宿にあるJA東京中央のアグリパークのビルにて。

おすすめー!










東京ウド の地下室「室(むろ)」入ったり、 #ノラボウ菜 は見かけたことはありますが、あとはほとんど知らない。

なぜなら50品種あるといっても、1種類の野菜をたった1人の生産者だけがぎりぎり守り継いでいるというような状況なので、市場にまず出回らない。

希少な野菜なのだ。

旬が限られているので幻の野菜だとも言える。

昨日の講座では大竹道茂さん、上原 恭子さん、福島 秀史 (Hidefumi Fukushima)さんの解説があり、

試食では #後関晩生小松菜 #早稲田ミョウガ #東京ウド をいただきました。

#早稲田ミョウガタケどんだけ〜

食べて勉強ってサイコー。

食べあるキング激辛女子の姫さん、スイーツ男子あまいけいきさん、野菜女子りえさんにご一緒いただきました。

それからアフター講座がすごかった。

押上にある東京産をこだわり抜くもんじゃ焼き居酒屋さん「よしかつ」でいただいた #ミツバ 太くて香りが濃くて感動的においしかったー。白い茎は土寄せして軟白化させるのだという。根っこはきんぴらに。

それからもんじゃ焼きとスズメバチのお酒飲んだあたりから〜・・・。

しかし世界じゅうの人々が知る大都会TOKYOに畑があり(田んぼもね)農産物がつくられているなんてすごいことですね〜。 

東京都の小池知事は東京の食を世界にアピールする絶好のコンテンツだとPRに力を入れようとしています。

50種類ぜんぶ覚えられるだろうか。

どれも個性的で育った場所も性格も違うから、 ETY50としてアイドル野菜にするのはどうだろう。

センター野菜は誰にするかETY総選挙だ!

わたしならそうですね〜、

ミツバちゃんか、後関晩生小松菜ちゃんに一票〜。

ともあれETY50の生産者を応援をします。

はじめての江戸東京野菜講座、次回は6/15に開催されます。

新宿にあるJA東京中央のアグリパークのビルにて。

おすすめー!












#はじめての江戸東京野菜講座 を受けてきました。

わたしも #内藤とうがらし をせっせとベランダで作ったり、

#東京ウド の地下室「室(むろ)」入ったり、 #ノラボウ菜 は見かけたことはありますが、あとはほとんど知らない。

なぜなら50品種あるといっても、1種類の野菜をたった1人の生産者だけがぎりぎり守り継いでいるというような状況なので、市場にまず出回らない。

希少な野菜なのだ。

旬が限られているので幻の野菜だとも言える。

昨日の講座では大竹道茂さん、上原 恭子さん、福島 秀史 (Hidefumi Fukushima)さんの解説があり、

試食では #後関晩生小松菜 #早稲田ミョウガ #東京ウド をいただきました。

#早稲田ミョウガタケどんだけ〜

食べて勉強ってサイコー。

食べあるキング激辛女子の姫さん、スイーツ男子あまいけいきさん、野菜女子りえさんにご一緒いただきました。

それからアフター講座がすごかった。

押上にある東京産をこだわり抜くもんじゃ焼き居酒屋さん「よしかつ」でいただいた #ミツバ 太くて香りが濃くて感動的においしかったー。白い茎は土寄せして軟白化させるのだという。根っこはきんぴらに。

それからもんじゃ焼きとスズメバチのお酒飲んだあたりから〜・・・。

しかし世界じゅうの人々が知る大都会TOKYOに畑があり(田んぼもね)農産物がつくられているなんてすごいことですね〜。 

東京都の小池知事は東京の食を世界にアピールする絶好のコンテンツだとPRに力を入れようとしています。

50種類ぜんぶ覚えられるだろうか。

どれも個性的で育った場所も性格も違うから、 ETY50としてアイドル野菜にするのはどうだろう。

センター野菜は誰にするかETY総選挙だ!

わたしならそうですね〜、

ミツバちゃんか、後関晩生小松菜ちゃんに一票〜。

ともあれETY50の生産者を応援をします。

はじめての江戸東京野菜講座、次回は6/15に開催されます。

新宿にあるJA東京中央のアグリパークのビルにて。

おすすめー!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする