日本農業遺産 認定授与式と講演会が農水省でありました。

日本農業遺産 認定授与式と講演会が農水省でありました。

今回認定を受けたのは 7地域!

*山形県最上川流域 紅花生産

*福井県三方五湖 湖沼漁業システム

*滋賀県琵琶湖システム で #魚のゆりかご米 に取り組んでおられる堀 彰男さんにもお会いできました!

*兵庫県美方地域の #但馬牛システム

*和歌山県海南市下津 #蔵出しみかん

*島根県奥出雲 #たたら製鉄の循環型農業

*愛媛県南予な柑橘農業システム 

 

愛媛ブースでは吉川農水大臣が、愛媛名物蛇口からみかん🍊ジュース〜!

講演では FAOでも委員をされているIGESの武内和彦先生が、世界農業遺産と日本農業遺産のちがい。

日本には独自の基準があり、災害など変化に対応する力(レジリエンス)、

多様な主体の参加、6次産業化が要件にある、

#世界や日本農業遺産はSDGsの17目標全てを達成 していることから、

企業や組織が農業遺産に関わっている事例や、農業遺産で国際貢献する意義についてもお話になりました!

 

企業や組織でSDGsに取り組みたいけれど、具体的に何をすれば良いか考えているCSR担当の皆さん〜‼️農業遺産を支援したり社員教育に取り入れれば、企業と地域WIN-WINで17目標すべて達成できますよー‼️

 

世界農業遺産専門家委員の大和田さんや国連大学のイヴォンさんにもお会いできました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする