JAいるま野 武蔵野の落ち葉堆肥農法 都心にいちばん近い日本農業遺産‼️
















JAいるま野 のすごい農業訪ねてきました

念願だった #日本農業遺産 #武蔵野の落ち葉堆肥農法 

なんと大木組合長のお宅がこの農法を代々受け継いでいる農家だったのです!

いまは大木さんのイケメンの息子さん夫婦がしっかり受け継ぎ、この日は家族で小松菜の収穫〜

家の裏に落ち葉堆肥の山があり、タケノコ取り放題の竹林があり、開けた畑があり、さらに奥に森があり近所の人の散歩コースなっているという〜都市の公園並みの豊かさ!この豊かさの尺度を測るものさしは、いまの日本のどこにあるだろう〜。

奥の深〜い循環型農法〜!

#農家1軒1軒が裏庭に森と畑を持っている農業

#東京にいちばん近い農業遺産!

外付けの雪隠が瓦屋根で家紋まで入っていてすばらしかったー!先代が家を新しく建て替えるとき厠だけはなくすなと強く要望したそう。

かっこいい厠だと思った。

しかも外のほうが農作業中に使いやすい!

10月にJAいるま野の #準組合員 大学でお話させていただく事前取材としてあちこちご案内いただきました

書ききれなくてすみません〜!

あさってから怒涛のニューヨークグルメ旅なのでとにかく写真だけアップー⤴️⤴️⤴️

https://www.pref.saitama.lg.jp/b0902/giahs.html

https://www.ja-irumano.or.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする