カレーですよ4698(代々木 ごちとん)豚汁だけどカレー。

懸案事項であった、代々木駅そばにある豚汁専門店に行くことができました。
行きたいまんま行きそびれてた。いってよかった。



カレーですよ。



豚汁、好きなんだよね。昔っから大好き。
特に好きなのは高速道路のパーキングエリア、そう、サーブスエリアほど大きくない、ちょいとひなびた感じのパーキングエリアにある食堂の、ラーメンとカツ丼の間に小さく肩身狭そうにメニューにのっているような豚汁定食の豚汁。愚直に味噌汁に豚コマを入れて一煮立ちさせたような、それでいて大鍋で煮るからうまい、というようなやつ。そういうやつが好きなんだけど。
そういうのとはまたちょっと違う、でも豚汁の専門店。その名も


「ごちとん」


と来たよ。いいねえ、いい。
「野菜を食べるごちそうとん汁」がコンセプトであり店名の由来なのです。気がつく人はここで気がつくでしょ。「野菜を食べる〇〇」というサブタイトルがつく店名と、しかも代々木とくれば思い出すのが「野菜を食べるカレー camp」。ここ、ごちとんは代々木の「野菜を食べるカレー camp」を運営するバックパッカーズ代表、ブルース佐藤マスターが提案する豚汁専門店なんです。ほらね、カレーつながった。

ナチュラルウッドに白のアクセントの外観は女性受けもしそうなかっこよさ。
実は昔「野菜を食べるカレー camp」で大変に印象的なカレーのメニューがあって、ボクも食べて驚愕した記憶があるんです。それが「豚汁カレー」。ごちとんはその豚汁カレーを発端としたコンセプトなのだとか。ちょっとわかるなあ、と感じるところがあります。おいしかったしなあ、豚汁とカレー、実はよく似ているしなあ。野菜をたくさん使い、汁仕立てでという流れはオペレーションもcampを運営してらっしゃる部分でそのノウハウが丸ごと活かせるだろうしね。そして「汁をかけて自由に喰らう」という行為はカレーでも豚汁でも共通してアリなのだと思う部分です。

注文をしたのは、


「キーマカレー豚汁」


うむ、やっぱりあったかカレー味。
「野菜を食べるカレー camp」で驚かされた「豚汁カレー」に敬意を表しての注文です。もちろんカレーは関係ない豚汁のメニューもずらりとあります。

豚汁は白味噌強めの合わせ味噌なのでしょうか。甘めに仕上げた豚汁自体がまずうまい。うまいなあ。好きだなあ。とてもうまい。そこにキーマカレーが乗っていて、油がゆっくりほんのりと豚汁の水面を回ってきて、スパイスが香るんですよ。これは面白いな。そしてシンプルにうまいよ。これはいいじゃないか。
キーマカレーは容赦なくスパイシーな仕上がりですが、辛くしているわけではなくむしろ甘味と旨味を軸に仕立ててあって野菜の味と呼応するんです。
味のうっすらしみた半丁分の食べ応えある木綿豆腐がドスンとのるビジュアルにもやられるよ。太めの糸こんにゃく、細切りタマネギに白菜、パクチー、野菜の自然な甘味がとてもうれしい。変わり豚汁なわけですが、間違いなく軸足は和食の豚汁で、そこにカレーという強い味が幅を加える感じのスタンスが楽しい1杯。こりゃあいいな。

定食のセットにしましたが、メインの豚汁に漬物、副菜、ご飯というシンプルなもので満足感はどうかなあと思ったんだけどね、ご飯は大中小が選べたり、たっぷり野菜の豚汁だったりで満腹、とても満足感があるんです。
そして食べ終わればご存知のロゴがどんぶりの底から顔を出す。あら、おや、canp、と気がつかされる楽しさに思わず破顔。いいねこういうの。

ずいぶんいいものだなあ、と感激した。実に面白かった。
片っ端からメニューをためしてみたくなります。代々木で仕事をする人たちが羨ましいよ。


#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ #カレー#ごちとん #代々木 #豚汁 #キーマ #スープカレー #spice #東京グルメ #curryheads #curry #curryrice #japanesecurry #tokyocurry 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする