カレーですよはたらくクルマが大好き(追浜 日産グランドライブ)「はたらくクルマ取材会」

横須賀、追浜にはなんだかここのところ間を空けずに通っていて、ちょっと自慢というか誇らしい感じというか、嬉しいわけです。クルマ好きを自認しているので特に、ね。だって、グローバルブランドのメーカーさんが直接お声をかけてくれるのだもの。サイコーなわけですよ。

横須賀、追浜ときてグローバル企業とくればひとつしかありません。日産自動車です。

どこの自動車メーカーもみんな好きですが、日産のことは尊敬というニュアンスでリスペクトを送っています。なんなのか、というと、フェアレディZというクルマのこと。日産はどんなに苦しい時でもどんなご時世でもフェアレディZをカタログから落とさないでくれていました。スポーツカーをラインナップに持ち続けるというのは時代背景などで大変な時期が何度も巡っています。そういう中でF1で活躍するホンダでさえスポーツカーを持たない時期があったというの日産だけはそのポリシーを曲げずにここまでやってきてくれた。尊敬するべきスタンスです。

閑話休題。
さて、この日。追浜にある日産のテストドライブ施設「グランドライブ」
ここにくるとワクワクするんですよね。

その名を「はたらくクルマ取材会」と称して試乗会が行われたんですが、これがもう奇想天外。こんな試乗は聞いたことがありません。そしてもうね、ちょっと楽しくてたまらなかったわけですよ。

普段ディーラーでは試乗が叶わない特装車やトラックなどに試乗できる大変に貴重な機会だったのです。準備された車のラインナップに思わず唸ります。いやこりゃあ確かにこれはどれも乗ったことのない車両ばかりだよ。

ひと通り紹介したいですね。自慢も兼ねて(笑)

キャラバンリフター架装車は日産キャラバン、ハイエースクラスのバンタイプボディに電動リフトを装着してある車両。天井が低い都市部の地下駐車場などの荷捌き場につけるのにぴったりの機能性。これはいつも成田や本牧などで大きな通関荷物を受け取るアジアハンター、小林さんにオススメしたいクルマでした。聞けばビルの清掃の業者さんやコピー機の設置の会社などに重宝されているんだとか。なるほどねえ。

パラメディックはいわゆる救急車。これにはまいったよ!人生的にストレッチャーにしばられて運ばれたことは数回あったけど、テストコースでストレッチャーに寝転がってコースを回ったり、まさかの救急車の運転をしたりという日が来ようとは。(しかもコスプレ付き/笑)ドライバーが車長(救急隊長)の指示のもと、交差点に入るときのアナウンスなども兼ねていると知り、大変な仕事と思い知ったり、貴重なお話も聞けました。これが運転して一番アガったねえ。すごいもん動かしてる感が強い。カレー業界で救急車運転したことあるのはナイルさんとボクくらいだろうなあ(笑)ナイルさんは所有してるから敵わないけど(笑)そしてこれ、普通に日産のディーラーで買えるのだそう。ええ!そうなの?!

キャラバン冷蔵冷凍車はフードジャーナリストとしては一番気になった車両です。保冷車と冷蔵冷凍車の違いや、この現車、キャラバン冷蔵冷凍車の2気室構造、断熱処理やナノイー設備、底面のドレンやドアトリムのゴムパッキンの扱いの考え方などすごく面白かった。ぱっと見はやっぱり地味なんだけど、食の仕事をやっててなおかつクルマが好きなのでお話を伺うと面白くて仕方がなかったんですよ。見学した人にはかわいく作ってあるゼリーをプレゼントするなどの凝った演出も楽しいね。どのクルマにもちょっと楽しい仕掛けやサプライズ、お遊びが施してあって広報の皆さんや日産の社員の方々の熱意とやる気と遊び心が楽しいです。

NV200タクシー。ニューヨークのタクシーはこのNV200タクシーが多いのをニュースなどで見たことがあります。東京ではオリンピックの絡みもあってジャパンタクシーが幅を聞かせてますが、マンハッタンではこれですよ。
タクシー、それもバンタイプのこれを運転できることになろうとはねえ。しかもこのNV200タクシー、車椅子対応車で、その部分も体験させてもらったんです。車椅子を使用者が座ったまま安全にリアゲートに備えられた折りたたみスロープから乗車位置までスムーズに牽引されての乗車、固定がなされて、不安がない。すごいですよこれ。車椅子使用の人たちの利便性が上がり行動範囲が広がるのは素晴らしいことです。車椅子に乗ったまま乗車と運転、両方の体験をさせてもらいました。ダッシュボードにはタクシーの運転手さんのドライバー帽と白い手袋が用意されていました(笑)

ADは、ご存知の公道最速系営業バン、ADバンのこと。ウィングロードの派生車であることがボディデザインを見るとわかります。この車、日本の営業マンを支えるボンネットバンタイプ、トヨタのプロボックスとサクシードとともに、なんであんなに飛ばすのか、と訝るくらい都市間高速道路の追越車線や新橋界隈、環七、環八の右車線などで見かけます。そして、乗って走って大納得、空荷のADバン、早い、早い。出足もいいしよく曲がるし過不足がないクルマなんですよ。運転がなんだか楽しいんです。世の営業マン諸氏には得意先で返品を大量に押し付けられたからって自暴自棄になって運転で発散などせぬよう、お願いしたいもの。そして血脈を考えるとちょっとわかるんだよなあ。サニトラ。懐かしいサニートラックはストックカーレースなどで活躍していたサニーのチューニング部品とノウハウが使えたため、トラックなのにスポーツカーチューニングを施すという手法の日本での草分けです。なので、ね。なっとくなっとく。

アトラスパネルバン。トラックですな。トラックが好きなんだよ。あの平らに寝た位置のハンドル角とか鷹揚な感じの動き、大きなものを動かしている満足感、そういうものが好きなんだよなあ。日産のUDブランドは別会社になってしまったので、日産自動車が扱うトラックの最大のものはこのクルマです。パネルバンはサイドウィンドウ前方下部分がかなり低い位置まで切り欠いてあり、周囲の視界が大変良いものでした。安全を目で必ず確認、に大いに役立つ。こういうのは乗らないと実感できないよね。運転中、助手席についてくださったご担当に日本の流通の現場の話やそれとリンクする法規制とこのアトラスパネルバンの立ち位置などの話など大変に価値のあるお話を伺えたことがありがたかったです。

リーフ パレードカー。優勝記念パレードとくれば!の特装車。今日の車両の中で特装車中の特装車、とくればこれ。実はナンバー登録があり、所轄への申請なしで公道での通常運用が可能になっているんですって。おどろいた!回送時にキャリアカーなしでこのまま運転して公道に出て運用場所に行けるということだよね。これ一人で運転するの勇気がいるだろうなあ。シートはドライバーズシートが一脚のみ。車検証は1名乗車になっています。(見せてもらった!)助手席は取り除かれ、後席があった部分にかさ上げして簡易で座れるようにされたパレード用シートが装着されています。屋根を切った部分はプラスティックモールドなどワンオフでカバーされており意外や丁寧な作りに驚かされました。スタジアムでのリリーフカー、警察への申請ののちに優勝パレードなどでの走行などが想定されています。これはちょいと魅力的なクルマだな。カレー優勝パレードがあったら借りに来ようっと。

シビリアン幼稚園バス。これも嬉しい驚き。がたくさん。幼稚園バスに乗り込むことなどなかなかできない体験だよねえ。お子さんいてもこのバスには大人は乗れません。だって大人のシートは助手席と保母さんが腰掛ける簡易シートだけだから。シートベルトの法規制の話や車両サイズと座席数の話、園児の乗降口のカメラの話などとても興味深いです。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでの違いや影響とか、おやこんなところも繋がるのか、という目からウロコの話が飛び出して面白い。

デイズルークス 助手席スライドアップ。ラインナップとしては知っていたんですけどね。実際稼働を見るのは初めて。お年寄りや体が不自由な人のために、助手席シートが車の外まで出てきてお迎えしてくれるという装置。サイズ制限がある軽自動車という企画の中でよくもまあこのシステムをスマートに詰め込んだものだ、と感心してしまいました。しかも縦も横もでかいボクのような人間でもスムーズに車内に収めてくれるんですよ。よくできてるなあ。高齢者や障がいを持つ方も多い現代、ほんのちょっとの高さに足を上げられないなどいうシーンは少なくないと思うのです。価値があるね。

チェアキャブ / シビリアン、キャラバン、セレナe-POWER、NV100クリッパー
チェアキャブは車椅子での乗車が可能な種類のクルマです。軽、乗用ワンボック、ワゴン、バスとフルラインアップが揃う日産はちょっとすごいとおもう。それぞれ車両のサイズや用途は違えどあまり手間なく確実に車椅子の人を車内に招き入れることができるのは素晴らしいよね。福祉車両でもあるこれらは実際体験して見なければわからない機能や、使う人が欲しい機能などきちんと人に向けて作られているのがわかって、また税金免除の特典があったりなども聞かねば出てこない情報などもあってお話をきててよかったと強く感じます。もう他人事じゃあないんだよ、福祉車両ってものは。

真面目に書いてきましたが、広報の美人担当さん(ファンなんですよ、ボク/笑)が相変わらずしゃかりきで頑張ってくれており、とにかく楽しい、飽きさせない。素晴らしいです。

シビリアン幼稚園バスについているスタッフさんは幼稚園の制服風のコスプレだったり、アトラスパネルバンのリアゲートを開くと保冷発泡スチロールの箱からお魚じゃなくてアトラスパネルバンのミニカーが出てきてそれをプレゼントしてくださったり。NV200タクシーにはタクシー運転手の帽子と白手袋装備、キャラバン冷蔵冷凍車からは美しいゼリーが出てきておひとつどうぞとプレゼントされたりとまあ至れり尽くせりでね。
圧巻はパラメディックでの隊員服の用意と美人広報自ら「体を張った!」と言い切るナースコスプレの披露。惚れ惚れします(笑)こういう楽しい仕掛けや意気込みが日産の「伝えよう!」という強い意志としてこちらの胸にしっかり入ってくるわけです。

「クルマが好きなクルマの会社」はやはり肩入れしてしまうんですよね。
いつでも細部まで細やかに気遣いくださる気持ちが伝わる嬉しいひと時でした。

日産という会社、やはり楽しい。

腕のある、楽しいことが大好きな美人広報さんがすごく頑張って、僕らブロガーとの間に入ってくれて。そして変わらない「技術の日産」のDNA感じる技術者、開発の皆さんのお話があって、その結実したものとしての日産のクルマがあって。

クルマが好きでよかったなあ、と思える1日です。


#日産あんばさだー #グランドライブ #追浜 #はたらくクルマ #カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ #カレー #スパイス #洋食 #カレーライス #spice  #curryheads #curry #curryrice #japanesecurry


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
実はデジタルガジェットやYouTubeレビュワーなどのお仕事もやっています。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は下記アドレスへお気軽にどうぞ。

 iizka3@gmail.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書カレーの本
出版社在庫無くなりました。中古等のみですが、ぜひお手に取ってみてください。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69)  / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら   http://about.me/hapi3
twitterはこちら            https://twitter.com/curry_desuyo
Instagramはこちら。       https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。       http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする