世界で最も有名な図書館!ニューヨーク公共図書館 観た



ニューヨーク公共図書館 を観た。

#NYPL

NY市立ではなく市民による公共図書館、パプリックライブラリー運営の裏側に迫るドキュメンタリー。

「自治」とは何か考えた。

本や資料を貸し出す書庫に止まらない、あらゆる「知」を分かち合う場。老いも若きも人種も障害も貧困もボーダレス!そしていつも無料❣️

6月のNY旅でこの大階段で写真撮った嬉しさもあり観に行ったけれど、

3h25分はなかなかでエンターテイメントではないので、

もし観るのを勧めるとしたら〜〜

NPO、自治体、行政、団体、パプリックに関わる人たち、公益性、自立、人権、教育、福祉、知、学、

まぁいろいろ興味ある人も多いだろうし、興味ない人が観るには長過ぎると思った。 

一番観る価値があるのはNY市民だろう。

自分達の街にはこんなすごい「誰も取りこぼさない受け皿」があったのか!

「学ぶ」ことにボーダーはない。学ぶ側はもちろん、コンテンツも文学、歴史、音楽、ダンス、手話、さまざま。手話のシーンは特にすばらしかった!

知とはなにか? 

急遽は、健康・健全・フェアなのではないか。

人種差別や奴隷時代のエピソードが、様々なシーンやアプローチで何度となく採用されてたけれど、まさに監督が自国に訴えたい、ニューヨーク市の課題であり、アメリカが🇺🇸「自由」を掲げる所以なのだろう。

さてこの映画、観てよかったか?

わたしとしてはよかったけれど、もし勧めるとしたら、NYを知る人か、学びたい人。

絶対観たらいいと思うのはNPO、またはNPO的な活動の人だと思いました〜。


ベジアナ  あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする