全国棚田サミットが山口県長門市で13〜14日に開催されますが〜



関東直撃予想の台風💨19号により、12日〜13日の羽田空港発着の多くの欠航が決定しました!

楽しみにしていた山口県長門市で開かれる #全国棚田サミット の参加を私はやむなく見送ることになりました。現地山口は進路から外れそうですが、羽田便の欠航は開催に大きな影響となりそう。なんといっても山口県ですから偉い人の出席も見込まれます。

棚田地域振興法成立で、棚田の新時代!というタイトルがつき、講演も農村政策の第一人者小田切徳美先生!

また個人的には棚田で繁殖牛を放牧する山口型放牧の取材も兼ねていたので残念無念ですが〜。

思えば、1年前の棚田サミット(長野県小谷村)も、大雨の2日間でした。

小さな田んぼ一枚一枚がダムと言われる棚田には、貯水機能があり、洪水や土砂崩れを防ぐ働きがあります。

棚田と台風の思わぬ結びつきは、

気候変動と農業について、環境と農村、その多面的機能について国のトップが真剣に考える時だというメッセージととらえることができます。

海洋の潜熱をエネルギーにして発達するのが台風💨なのですから。

この条件を生かして棚田地域政策が大きく前進する大会となりますようお祈り申し上げます。

参加される皆さまの報告に期待しています。


https://tanada-japan.com/other/510/



ベジアナ  棚田アナあゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする