ニューヨーク凱旋メニュー ~WOKUNI丼 他、期間限定販売中!

『WOKUNI丼』ほか期間限定販売中! 泳ぎとらふぐ料理専門店「とらふぐ亭」などを運営する株式会社 東京一番フーズ(代表取締役社長:坂本大地)は、海鮮丼「WOKUNI丼」などニューヨークの店舗でご好評いただいている3種類のランチメニューを、2019年10月2日(水)から11月1日(金)まで期間限定・店舗限定で提供いたします。~プレスリリースより でも何故ボクが魚介を?その理由を解説しましょう... ◆食べあるキング アメリカ ニューヨーク遠征そう...今年の6月に、ニューヨークチーズケーキの本場 アメリカへ遠征に行ってきたのは記憶に新しいところ。まずはその経緯と、その後の経過についてを解説、そして今回このアメリカ ニューヨーク遠征その後...の動きとしてのビッグニュースをお知らせしたいと思います!◆ニューヨーク行きの経緯「とらふぐ亭」で有名な「東京一番フーズ(上場企業)」が、2017年10月、ニューヨークに「WOKUNI」を初出店、そのオープン当初、私あまいけいきが所属するグルメユニット「食べあるキング」が、“日本の魚文化を世界に伝える”べく、アドバイザーとして参画。そのタイミングで、ニューヨーク遠征(第一章)を決行!そして第二章へ… ◆第二章のミッション食べあるキングとしての第二章のミッションは、オープンから約1年8カ月が経ったこの時、改めて「WOKUNI」店舗を訪れ、料理の試食をし、サービスを受け、それについての「店舗アドバイス」を行うというもの。更に、自らの足を使いニューヨークの食事情をリサーチした上で、「こんな料理を出したらニューヨークでウケそう♪」という、メニュー提案も実施。そして、それを自身のSNSなどで発信する=プロモーション。 ◆食べあるキングとは?SNS時代を代表するグルメユニット。「食を通じて日本を元気に!」を合言葉に、これまでも様々な“食材探求ツアー”を体験してきた食べキンが、今回はアメリカ ニューヨークへ!私 Sweet Cake(あまいけいき)も、その時のメンバーに加えて頂きました。 そう、これは「日本の魚文化を世界に伝えるアンテナショップにしたい」という双方(東京一番フーズ+食べあるキング)の想いを形にする為の本気(マジ)ミッションなのでした。~なんと!そこ(食べあるキング訪問・第一章)から間もなくして、「WOKUNI」がミュシュラン掲載を果たすという快挙!ニューヨークの名だたる名店の中に、その店名が刻まれたのでした。 ニューヨーカー達から絶大な支持を受ける!~東京一番フーズといえば、マグロ・ブリ・フグの国内養殖を行っており、生産~流通~店舗までワンストップで手掛ける企業であるという事で知られる。その、メインとなる食材の自社生産という強みを活かし、ここニューヨークでは主に日本から送られてくるマグロ・ブリなど、安心・安全・新鮮な魚介を使った料理などが人気となっている。 日本においては常に担当ジャンル(あまいけいき=スイーツ)を食べ歩き、情報収集に余念がない我々ですが、ここアメリカ ニューヨークにおける食事上については、普段ネットのニュースや、行った人からの口コミ情報を得る程度なので、まずは得意の「食べ歩き!」そう、ひたすら食べ歩く事で、ニューヨークの食事情をリサーチする事からミッション開始!メニュー提案やプロモーションというミッションを果たす為、各メンバーがニューヨーク中を駆け回りました。 参加メンバーが数日に渡ってニューヨークグルメを食べ歩き、更に「WOKUNI」の既存メニューを試食させて頂き、その結果「もっとこうしたらウケるのでは?」「こんなメニューがあったら売れそう!」など、とにかくたくさんアイデアが飛び出しました!さすが、各ジャンル食べ歩きの達人が集まっただけあり、WOKUNI ニューヨーク店での新メニュー誕生のヒントとなるべく、熱いディスカッションが繰り広げられる... その結果、採用されたメニューがお披露目され、定番メニューに並び、人気となっているそうだ。 そして今回新たな新展開が!?ニューヨークで食べたこのインパクトあるひと皿(なす続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする