3.バスクチーズケーキの本場!サンセバスティアンへゆく:3軒目 エルニオペ タバーン

バスクチーズケーキまたキター!! チーズケーキの旅‪バスクチーズケーキ発祥の地‪スペイン バスク地方サンセバスティアン‬→ 1軒目 キャラメル ゴゾテギア→ 2軒目 ラ・ヴィーニャ‪‪サンセバスティアン編・前回はこの旅の目的とも言える La Viña‬(ラ・ヴィーニャ)へ行き、本家のバスクチーズケーキを食べた感動のレポートをお届けしました。‪そして何と?!今回は「バスクチーズケーキがバル街の名物になっていた!」という新事実をレポートいたします。サンセバスティアン滞在2日目、バル巡りをし始めてすぐに気付いた事。結構な割合でメニューにチーズケーキ(Tarta de queso -トルタ デ ケソ-)があるという、嬉しい悲鳴w 早速1軒飛び込んでみました! 3軒目 Erniope Tabernaエルニオペ タバーンラ・ビーニャから徒歩5分位、外看板にケーキのメニューが並び、その中にチーズケーキがありました!しかもバスク風♪突撃!バルなのでカウンターにはタパスやピンチョスが並び... 発見!しっかり焼き、中レア! カウンターの脇のケーキスタンドにはホールサイズのバスク風チーズケーキがっ!クリスティアーノ・ロナウド似の兄ちゃんが慣れた手つきでチーズケーキをカットしてくれた。「ビッグ!ビッグ!」と叫ぶうるさい日本人w デフォでホイップ盛り盛り~♪ 外の写真と見た目は違うが、わりかし焼き目の濃いチーズケーキ。これに親の仇のごとくホイップが盛られ、ベリーのソースでトッピ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする