きょう13:05~まもなく再放送!介護百人一首「介護職給料安いし大変よそんなの知るか私の夢だ」

きょう1/7(火)13:05~

「介護百人一首」NHKEテレで再放送します。

 

「介護職給料安いし大変よそんなの知るか私の夢だ」←福祉を学ぶ女子大生(20)瞳さんが詠んだ短歌。

 

ほんの少し想像力のある人なら、この歌を詠んだだけで、瞳さんの思いや環境が目に浮かぶと思いました。

介護職をめざす若い人を見ていると、

両親が介護に関わっていたとか、

祖父母と同居しているとか、おばあちゃん子、おじいちゃん子だったとか、

家族に介護職がいたとか、

家族に病気のひとがいたとか、

子どものときから介護の現場を経験しているゆえに、将来、自分の職業に選ぶ人がいます。

 

瞳さんはどんな動機で、介護職をめざすことになったのでしょう。

 

「介護職?給料安い大変よそんなの知るか!わたしの夢だ」

 

 

大学で福祉を学んでいる作者の瞳さん、よりによって実習先の病院関係者に

この言葉を言われたそう。

給料が安い、仕事が大変なのは介護職だけでしょうか。

足りないのは介護という仕事に対する敬意、社会の理解ではないのか。

医療に関わる医師は尊重され、医療以外の老いと病と生死にかかわる介護はなぜ敬われないのか。

なぜ彼女が介護を志すようになったかを知れば、こんな軽率な発言しないはず。

問題は給料だけではないと思った。

 

それは、農業就業人口の減少にも似ていると思った。

問題は、収入だけではなく、そこに誇り、プライドが保てないからではないか。

 

では、ヨシモトの売れない芸人さんたちは、なぜこぞって芸人になりたがるのか。

ほとんどが芸だけでは食べていけないにも関わらず、

アルバイトしてまで、芸人をやり続けるのか。

そこに、夢や憧れがあるのだろう。

叶うか叶わないかの確率は、関係ない。

 

 

社会的な認知度、

仕事のおもしろさ、かっこよさ、

憧れがあるからないかではないか。

 

介護や農業に決定的に欠けていて、

お笑い界が持っているもの、それは、メディアの露出である。

 

知らないものに憧れることはできない。

 

わたしたち大人や、社会が若い人たちにできることはなにか。

若い人の夢や希望を応援しこそすれ、少なくとも、その芽を摘むものであってはならない。

 

あ、番組、はじまってしまう、

 

 

ハートネットTV♡介護百人一首、NHKEテレでまもなく

13:05~再放送します。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする