放牧酪農シンポジウム 放牧ってなんだろう?新しい時代の牛と人の関係~2/17(月)湯島で

 

放牧酪農シンポジウム

放牧ってなんだろう?

北海道清水町の橋本さん、足寄町の吉川さん、茨城の上野さん。3人の放牧酪農家が一堂に会します。

 

この国の酪農業界からすると希少な「放牧」。

それは世の中の流れに逆らっているのでしょうか。

いいえ、むしろ世界的な潮流としてはリードしています。

持続可能な食料生産と土地利用、環境問題、自給飼料向上に貢献し、輸入飼料に極力依存せず、乳生産をしながら国土保全をする、牛ができることは牛にやらせる、アニマルウェルフェアにも配慮した酪農スタイルで活躍するリーダー達ですが、

2/17(月)平日の昼間なので集客に苦労しています。

ご参加いただければ、生き方、食べ物の選び方、牛乳の値段、チーズへの理解が、きっと変わります。

放牧チーズの試食もあります。

2/17(月)13時、湯島(家電会館)でお待ちしています。

そしてなんといっても大きな動き(イノベーション)は、

こうした放牧の生乳を使いたいチーズ職人が外からやってきて、牧場内で工房を開く動きが同時多発的にあるのです。

3牧場のうち、2牧場でチーズ工房がはじまり、橋本さんの牧場でもアイスクリームや別の主体のお店が入っています。

放牧の多面的価値は、牧場の営みが外に見えることで、様々なイノベーションを起こす力があるのです。

地域内6次化、あるいは農商工発酵連携と呼んでもいいかもしれません。

 

image

①十勝アルプス牧場@橋本さん:牛達の人懐っこさがすごい
https://ameblo.jp/ayumimaru1155/entry-12534067093.html
②ありがとう牧場@吉川さん「地球は天国なんですよ」。日焼けして痩せたその放牧酪農家は言いました
https://youtu.be/V8kOEYWLxK0
③新利根協同農学塾農場@上野さん:草地とうんちの話
https://youtu.be/aFLfe2irfOg

 

 

image

また、講演される酪農学園大学@荒木和秋名誉教授の1/13掲載の日本農業新聞

 

酪農バブルの危機、放牧推進の記事を貼っておきます。
 

わたしも聞き手やります。
シェア頂けたら嬉しいです
申込みは(日本草地畜産種子協会)へ2/10まで
http://souchi.lin.gr.jp/…/p…/20200217_DairySymposium_app.pdf

 

 

ベジアナ@放牧アナ あゆみ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする