6.バスクチーズケーキの本場!サンセバスティアンへゆく:6軒目 De Norte A Sur

チーズケーキの旅‪バスクチーズケーキ発祥の地‪スペイン バスク地方サンセバスティアン ◆アーカイブ→ 1軒目 キャラメル ゴゾテギア→ 2軒目 ラ・ヴィーニャ→ 3軒目 エルニ オペ タバーン→ 4軒目 カリカ タバーン→ 5軒目 センラ ザハリアン‬ちょっとレポートが前後しますが、サンセバスティアンで出会ったいわゆる「バスク風」のチーズケーキはこれが最後。帰りがけのバスターミナル内にあったカフェ兼バルで、テイクアウトしたチーズケーキ。‪ 6軒目 De Norte A Surバス待ちの観光客?で賑やかな店内、朝食にハンバーグやサンドウィッチをパクつく外人を横目に、ホールのチーズケーキを激写するあまい…もちろん、店主からは不思議そうな目で見られ、こいつ朝からこんなヘビーなチーズケーキを食べんのかよ?みたいなw Tarta de quesoトルタ デ ケソバスの時間がなかったのでテイクアウトでサクっとワンカットをパック詰めしてもらう。かなりしっかり焼かれてこの焦げ目の深さ。中は真っ白で見た目にもしっとりレアー。底にはベリーのソースが敷かれていた。 カフェとバルの違いそう、ズバリ「お酒に合うか?コーヒーに合うか?」によって、前者は中が白っぽく、後者は黄色っぽい。これはチーズなのか?卵なのか?わからないが、とにかくこの色によってお酒かコーヒーかどっちに合うのかわかった。ちなみにここ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする