放牧酪農シンポジウム~土地を活かし、牛に動いてもらい、人もたのしい牧場スタイル

image

 

昨日は、放牧酪農シンポジウムが家電会館でありました。

皆さまたくさんのご参加ありがとうございました😊

 

image

 

十勝清水町 十勝アルプス牧場の橋本 晃明さん、

足寄町 ありがとう牧場の吉川友二さん、

茨城県稲敷市上野 裕さんと、

酪農学園大学名誉教授の荒木先生の話に、

150人を超える参加者が全国から集まり、放牧への関心の高さが伺えました。

 

 

会場からは放牧の実践に当たって様々な質問も飛び出しました。

草だけで乳質は保てるのか?

防疫はどうするのか?

3牧場に共通した答えは、牛を草地に放すことで、牛が健康になり(病気が減り、医療費は減り、死亡事故が減るので導入コストも減る)、飼料の購入費が減り、人間の管理(労働時間)は減り、結果=「利益はあがっている」という歴然とした数字でした。

 

image

 

放牧チーズの試食もありました

 

「土―草―牛」の循環で食料と国土を創出し、その魅力から地域の個性を生かしたテロワールを求めてチーズ工房も増えています。

 

image

 

今回の3牧場は3者ともに「放牧」することで、外から連携したいチーズ職人やカフェ経営者がやってきて、地域での(農商工)連携が生まれていました。

国もかつては6次産業化を推進してきましたが、いまは農商工連携、地域ぐるみでの連携にシフトしてきています。(農家が1人ですべてこなさなくてよいのです。牛に任せ、地域に任せるパートナーシップ、提携であり協同です)

 

image

 

放牧とは、農業をオープンにすることです。

壁をとっぱらえば、自ずとイノベーションが外からやってくるのです。

ニュージーランドは、放牧を推進することで農家の収益があがり、生産者が増え、日本の乳量を追い越し、いまは3倍の輸出国になりました。

国は、乳量増産を掲げますが、生産者は減り続け、NZ とは真逆の方向です。

農産物(牛乳)は工業製品ではありません。

工場を大規模化すれば大量生産できる、そんな机上のかけ算通りにはいきません。

 

image

人も牛も、こころがあります。楽しければ喜んではしゃぐし(よく働く)、楽しくなければ飽きていきます。

乳量増、牛の増頭=規模拡大=投資して、その回収に忙しく人も牛もギスギスしてストレスかかるのと、

乳量は増やさないけれど、支出を極力減らし、人ではなく牛に働いてもらい、手元にお金が残るほうが、続けやすく(離農しない)あらゆる無駄遣いのないエコシステムです。

放牧にも北海道のやり方と、都府県の水田地帯、あるいは、林間、山地などの中山間、様々あります。

家畜の働きとは、人が食べられないものから恵みを生み出し、あらゆる営みが繋がり合い、土地の課題をプラスに変える力があります。

農水省からも関村課長以下3人が最後まで熱心に参加してくださいました。声は届いたでしょうか~♪

 

image

image

image image

image image

image 

 

image image

image 

 

 

 
 

日本草地畜産種子協会

放牧畜産実践牧場 はこちら

http://souchi.lin.gr.jp/farm/5.php

 

埼玉の農業カメラマン・井上さんたくさん写真をありがとうございました。

 

ベジアナ@放牧アナ あゆみ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする