助けてくださいより「助けたい」と思われる社長でいること。渡邉美樹さんが居酒屋経営者に送るエール

普段はライバルの居酒屋経営者に、ワタミ・渡邉美樹さんが送るエールに、感動したのでシェアします。

 

夕刊フジに連載されているコラム「経営者目線」

https://www.zakzak.co.jp/eco/news/200415/ecn2004150002-n1.html

 

居酒屋チェーン経営者としてのリーダー目線と同時に、すぐ使えそうな地に足のついたアドバイス。

さらに国会議員の経験から、国の財政状況も理解した上での政策提言。

両方のバランスがすごいな、こんな人他にいないなと思いました。

 

(一部抜粋)

 

「助けてください」と、「乗り越えてやるぞ」では気持ちの差が大きな結果となる。

まずは「強気」を失わないでほしい。

銀行に相談に行くときも、「乗り越えてやろうと思っています。今日も店先で弁当を30個売って来ました」と、未来を語り、

今やれる行動を示すべきだ。

「助けてください」より「助けたい」と思われる社長でいることだ。

夜逃げは絶対にしてはいけない。

やり直しが遠のく。

中小個人に、寄り添う政策が出せるのか。もう一度、提言する。

営業自粛の業種の中小個人には、今月、来月の「支払いを猶予する」「令和版・徳政令」をすぐやるべきだ。

ワタミも中小のフランチャイズオーナーに支払い猶予支援を決めた。

あきらめないでほしい。

「腹の下にぐっと力をいれる」

社長とはそういうものだ。

以上、本文をシェアしますが、

書かれていることに、いちいち説得力があり、しかも、やさしい。

 

 


 

ベジアナ・あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする