村上春樹さんの新刊「猫を棄てる 父親について語るとき」を読んだら感想文を書きたくなった

 

村上春樹さんの新刊「猫を棄てる 父親について語るとき」が4月25日に出ました。

 

このところずっと、今の状況を村上さんならどう表現するだろうと考えていたので、新刊は嬉しかった。
直接の話題ではなくても、世界(社会)の見方という意味で今に通じるものはあると思った。

 

いいときに出してくださいました。

そして読んだら、感想文を書かずにいられなくなった

#note に読書感想文を書きました。

(読んでない人には意味不明の感想文ですけどね) 

 

https://note.com/vegeana/n/n3ab01e4b6de5

 

 

 

 

ベジアナあゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする