付けるとアガル!わたしの好きな手づくりマスクベスト6の発表~!マスクは自己表現の時代

 
付けるとアガル!わたしの好きな手づくりマスクベスト6の発表~!
 
1位 白と紺のボーダー(リネン) 1050円
2位 北欧っぽい柄グレー(コットン) 850円
3位 水玉グレー(ガーゼ)   友達の作品
4位 ブルーと白のストライプ(ガーゼ) 友達の作品
5位 チェック柄 (郡山の福祉工房しんせい) 
6位 白のガーゼ( 同上)  2枚で1000円
 

image

 

ハンドメイド通販サイトってのがあって、
「マスク、手作り、リネン」とか、「コットン」とか好きなキーワードで検索すると何万件もヒットする。
デザインも値段も選び放題で、価格も手ごろで楽しい。
思えば2ヶ月以上、不織布のマスクは一切使っていない。
友達に作ってもらったのがきっかけで手作りマスクにはまっている。(買う方)。
 
国会中継を見てたら相変わらずえらいおじさん達は不織布のマスクか、
明らかに使い勝手の悪そうなアベノマスクを頑なに付けている人がいるけれど(引くに引けないのだろう)、
はっきり言って、毎日テレビのニュースや番組に出てくる政治家の何を見ているかというと、
顔よりマスクを見ている。(意識してなくても目に飛び込んでくるのだ)。
 
そう考えると、小池百合子都知事はレースとかシルクとかいろいろで、やっぱ女子だなと思う。
あるいはグリーンな環境問題意識かもしれない。
 
女子にとってマスク時代は、口紅を塗らなくて済む分、ラクである。
しかも、顔の半分を占めるのだから、おしゃれアイテムなのだ。
わたしも友達に会うと、「あ、いいねそのマスク」とか言ってしまう。
だいたいどの友達も久しぶりに顔を見るわけなのだが、
その第一印象で、久しぶり~という前に、あ、そのマスク!という時代なのだ。
 
そう考えると、政治家の不織布のマスクははなはだ残念だ。
いつまで「使い捨て」をし続けるのだろうか。
サステナビリティの意識のかけらもない。
その違和感にさえ気づいていないのだろう。
だいたい男性(政治家)は白いワイシャツさえ着ていればOKみたいな世界だから、
ファッションに気を配らないのだろう。
女性はワイシャツとネクタイというベースがないから、何を着るにしても「何を着ようかな」と「選ぶ」基準がうまれる。
ちなみに国会中継に映り込む女性議員もなんのそっけもない白マスクだった。
国会ってそういうところなのだろう。生活実感がないというか。
そんなふうにマスクを見ていると、人間性が表れているようにも見えるからおもしろい。
 
image
 
ところでこのチェック柄のマスク。
わたしのベスト6マスクの5位と6位に位置付けたのだが、
福島・郡山のNPO福祉工房しんせいの製品である。
偶然見つけて2枚で1000円は激安だし、チェック柄がかわいいなと思って注文した。
福祉施設にしては、わりに早くマスク制作に取り組んだようで、
買ったのは5月だったが、人気のため確か2週間ぐらい待ちだった。
 
で、言いたいのは、せっかくかわいいチェックは裏生地なのである。
考案した人が、マスクは白いものという既成概念があったのではないだろうか。
せっかくかわいい柄が見えないなんて残念。
なので1枚目の写真ではあえて、裏生地を見せてみた。(チェック柄を表にし出かけたこともある)。
言いたいことは、かわいい素材を使っても、センスがないと台無しですよってことである。
誰か気づいて教えてあげればいいのにな。
 
それに比べて、ハンドメイド通販のマスクのなんとまあバラエティーに富んでいること!
ハンドメイド通販の世界がこんなにも充実しているとは驚いた。
プロのデザイナーや職人を名乗っていなくても手先の器用な人は多い。
しかも家にいながらできる。
ネット上だから「まるまる工房」なんて名乗るのも自由。
名前、看板は大切だ。
あれだけメルカリやらフリマアプリが盛んなのだから、
手作りマスクで一儲けしている人もいるだろう。
だってやっぱおしゃれで値段も手ごろだと人気が出るに決まっている。
1000円のマスクを100枚で10万円、
200枚で20万円、軽く稼いでいるだろう。
技術とセンスさえあれば内職ではなく、クリエイティブに自分の作品が作れるのだ。
登録すれば誰もがクリエイター、作家になれるのだ。
マスク1~2枚なら84円の切手で送れるしね。
 
わたしにはその技術がないから喜んで選んで買ってばかりだけれど。
イヤリングを選ぶように、マスクを選んでいる。
どうせ付けなくちゃいけないんだし。
たのしい。
布マスクを付けて出かけて、
帰宅後、手を洗うついでにマスクも石鹸で手洗いすれば翌朝には乾いている。
 
ハンドメイド通販のcreemaminnneどっちもおすすめです。(どちらも日本最大級を名乗っている^^)
ただし、見始めると止まらないので要注意~。
わたしは最近なんとキッチン家具まで買ってしまった。
国産木材のキッチンワゴン。
届くのたのしみーー^^
 
ハンドメイド通販 creema

 

ハンドメイド手づくり通販minnne

 

 

 

ベジアナ@あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする