NHK Eテレ「ハートネットTV介護百人一首」あす7月28日(火)20:00から放送します!

【番組を長年ご愛顧いただいた皆様へお知らせ】

NHK Eテレ「ハートネットTV介護百人一首」

いつもは4月に春編として放送していましたが、ソーシャルディスタンス収録でようやく来週放送します。

image


 

7月28日(火) 20:00 〜20:30

介護する人・される人が、介護の日々の中でふと心に浮かんだこと、人には言えない思いを詠んだ「介護百人一首」。

 

 

今回は、山口県田布施町の弘中光子さん(73歳)の短歌。

「進みゆく病魔に耐えるせつなさを短歌にすればすべて字余り」

 

子どもの頃から難病・筋ジストロフィーにかかり、進行する病とずっと付き合ってきた作者。

しかし光子さんはあくまでも前向きで、

電動車いすをびゅんびゅん乗りこなして散歩に出かけます。

言いたい思いがあり過ぎてすべて字余りになってしまう短歌も、エネルギーを感じます。

番組では毎回2本のVTRで、2組の方を紹介していますが、

今回はコロナ下でロケがままならなかったため、VTRは光子さんのみ。

 

 

image

そのぶんスタジオでた~~っぷり毒蝮三太夫さんと歌人の春日いづみ先生と、司会@わたしのトークが展開されます。

 

これはこれで短歌談義がじっくりできて悪くないな~なんて思えたのも新しい発見でした。

 

そしてはなはだ残念なお知らせではありますが、

毎年募集をしていた「介護百人一首」ですが、今年も含めて今後、募集はしないことになってしまいました。

それにより、番組も今年2020年末で終了です。

https://www.nhk-sc.or.jp/heart-net/tanka/index.html

 

前身番組「めざせ介護の達人」時代を入れると、2004年から始まった毒蝮三太夫さんとの介護番組・司会でしたが、

思えば17年もの長い間、よく続けさせてもらったものです。

image

ローカル局出身の名もなきフリーアナウンサーが、どうにか本業で食べてこられたのは、

NHKでレギュラー番組の司会をしているという肩書きのお陰でした。

今では感謝しかありません。

 

介護短歌を作って応募して頂いていた皆様には、思いのはけ口や行き場がなくなってしまい、まことにまことに申し訳ありませんが、そういう事情です。

 

とりあえず、今回7月の放送のあとも、冬まであと3回放送ありますからね。

 

 

NHK Eテレ「ハートネットTV介護百人一首」7月28日(火) 20:00 〜20:30放送します。

(2週連続放送です。

8月4日(火) 20:00 〜20:30もあります。)

出演者ほか

【ゲスト】春日いづみ,【司会】毒蝮三太夫,小谷あゆみ

みてね!

 

ベジアナ@介護アナ あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする