今年はカブトムシが異常発生~!困った農家がとった策がかっこいい~!!(新潟・佐渡の斎藤農園)

今年は #カブトムシが異常発生 だそう。(新潟・佐渡の斎藤農園)

ネクタリンの収穫量は例年のわずか4分の1!!

そこには生態系~食物連鎖の終わりのない物語がありました。

①ネクタリンにヤガという蛾が異常発生!

②蛾が果汁を吸ったところに亀裂が入り、カブトムシが集まる。

③カブトムシをエサにするのはトンビ!(でも数が追い付かない)

③”同時に、カブトムシを喜ぶのはヒトの子ども!

④ヒトを喜ばせたいのは農家!

というわけで、斉藤農園では、ネクタリン果樹園のカブトムシ

200匹を捕獲し、子どもたちに無料配布した。

⑤おもしろいニュースを欲しがるのはメディア!

というわけで、地元新潟放送のニュースになりました。

 

 

なにがすごいって、斎藤真一郎さんのインタビュー、

#カブトムシの話をしているその頭にトンボが止まっている(爆)

ミスター生物多様性!

自然栽培ってすごいなあ。

生態系に逆らわず、生きものと共に営む農業。#世界農業遺産GIAHS佐渡の生き物はトキだけじゃない んです!斉藤農園ではトキと共生する田んぼで「#朱鷺と暮らす郷のお米」を作っていますけどもね。

カブトムシ、売ればいいのに~って素人は(わたし)思うけれど、売ったらニュース取材は来なかったかもしれない。

宣伝効果考えたら~、賢い!

でも肝心なネクタリンが4分の1しかとれないから売り物もないという~~~。う~~ん儲けはまた先送りか~~~。

難しいけど、だからこそネバーエンディングストーリー!

新潟ニュースおもしろいから見てね!

 ↓

https://www.ohbsn.com/news/detail/kennai20200812_13906768.php

 

ベジアナ 生態系アナあゆみ

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする