日本百名山@美ケ原へ行ってきました。標高2000m心臓イタかったけど楽しかった山の思い出

image

 

やっほーー!

アイルランドへ行ってきましたーーー!みたいな景色じゃないですか~!?

ここは、日本百名山のひとつ。美ヶ原!

八ヶ岳国定公園に指定される長野県松本市周辺に位置する美しい高原。

日本にもこ~~んな絶景があるのですねーー。

写真たくさん撮ったので写真を中心にアーップ!

 

image
10月3日(土)、7時半に八王子を出発して、車で松本方面へ。

八王子から3時間。

10時半過ぎに三城(さんじろ)いこいの広場に到着。

歩き出しスタートは11:10です。

 

YOCという登山とロードバイクのクラブ@おんせんとのご縁で、

「山登りしたいんですよぅ~」と話すと、

じゃあYOCで行きましょうと、山行き計画を立ててくださいました。

YOCのブログはこちら

 ↓↓↓

 

 

 

赤いマークの現在位置(三城いこいの広場)を出発点に、右回りの百曲がりコースから

美ヶ原の最高峰・王ヶ頭(2,034m)~王ヶ鼻(2,008m)をめざします。
 

image

 

「百曲がり」というコースの名の通り、これでもかこれでもかと100回ぐらいくねくね道を上ります。

image

この岩盤が薄く剥がれた石は「鉄平石」と呼ばれ、瓦礫の砂利道を歩くなんともいえない歩き心地。

 

image image

歩き続けるとカロリー消耗するから行動食をこまめに食べた方がいいよというわけで、

りんごデニッシュ。

標高2000m近くか。

このあたりからだんだんアイルランド感が増してくる。

気温が下がり、薄いジャケットを1枚はおります。

 

image image

 

山に登ったら「ヤッホー」って言いたくなりますよね?と聞くと、

山男たちに「べつに」と言われたが、くじけずにヤッホーと叫んでみたらこだまがはね返って帰きたので、みんなで叫んだ。ヤッホーー。声が低い方がはね返ってくる感じがしたけどどうでしょう~。

image

13:30

スタートから2時間20分。

美ケ原ロングトレイルの百曲がりを過ぎて、

めざす美ケ原の最高地点「王ヶ頭(おうがとう)」まで1.3キロ。

 

image

14:00

絶景おにぎりーーーーー!

 

image

 

こっち向いても絶景おにぎりーーーーー!

さらにあったかい汁物もありがたいよねということで、4人全員カップヌードルでした。

(おんせんさん、お湯をありがとうございました)。

歩き出しは(25度ぐらいか)シャツ1枚でしたが、風も吹いてどんどん冷え込み(10度ぐらいか)、防寒着を着込みます。

 

 

image

14:30

王ヶ頭まであとすこし。

 

image

 

美ケ原の頂上!

 

image

 

王ヶ頭~!2,034m

 

image

八ヶ岳中信高原国定公園

美ケ原高原

 

image 

14:45

なんと2000mの頂上に「王ヶ頭ホテル」があるのです。

マイカー規制があるため、手前1キロぐらいの駐車場に車を停めて、

送迎バスかハイキングするそう。

有料100円トイレを利用して、もうひとつのゴール地点=「王ヶ鼻」へ。

 

image

 

王ヶ頭から王ヶ鼻へは、1キロちょっと。

 

 

image

 

王ヶ鼻2008m~~!!

YOC こーぞーさん、おんせんさん、局長さん。

 

image

松本の街が見下ろせる

 

image

 

最後の下りがまたなかなかでした。「二人の小道」というルートだそうだが、

そんなロマンチックな感じは一切なし。

すれ違い最大通行人数「2人」の小道ということだろう。

 

image

 

でもこんなダイナミックな景色の中に身を置けるのは、山ならでは。

やっぱ山には赤ウェアだね。

 

それと、むかし富士山に登った時に買った押入れのストックが役に立った。

やっぱ2本足と4本足で歩くのとではバランスと負担が違う。

1本がうまく延ばし切れず、左右長さが違って皆さんにご迷惑をおかけしましたが、ともかくストック持っててよかった。

 

image

 

写真撮られるとはしゃぐけど、このころは足も心臓もぼろぼろであった。

 

image

 

美ケ原には、共同牧場があって、牛が放牧されている。

黒毛和牛の2頭の右上に見えるのは馬か。

https://shinshu-style.com/matsumoto-region/city-matsumoto/nn088/

 

 

標高2000mの美ヶ原の高原台地の上は草原となっており、草原を利用し平安の昔から放牧が行なわれてきました。現在では400haという広大な牧場に、5月下旬〜10月中旬にホルスタインを主体に牛約400頭、馬十数頭が放牧されています。

美ヶ原牧場畜産農業協同組合が運営する美ヶ原牧場で、110年以上という歴史ある牧場。

 

 

だそうです。

春から秋の牧草のあるときだけ、各農家から預かって放牧するいわゆる預託牧場です。

牛は寒さに強いので2000mでもへっちゃらで、

夏に草が繁茂する間、牛が山を管理する夏山冬里方式は、畜産農家にとっても山の資源管理としても双方にメリットがあります。

 

そんなことより山の資源、秋の味覚と言えばーーーーー!!!

 

つづく

 

 

ベジアナ山アナ@あゆみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする