三軒茶屋ラルテで野菜の包み焼きピッツァ!

本日のピックアップフォトは、三軒茶屋ラルテで食べた、ナポリのスカローラをイメージしたリピエノです。レタス、リコッタチーズ、プロヴォラ(燻製モッツァレラチーズ)、チッチョリ(豚バラのコンフィ)、ンドゥイヤ(辛口サラミペースト)を包んで焼いたとても旨いリピエノでした。ラルテは真のナポリピッツァ協会認定店であり、オーナーシェフ井上勇氏は、日本ナポリピッツァ職人協会副会長も務める実力派ピッツァ職人です。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

「真のナポリピッツァ協会認定番号377番:L'ARTE(ラルテ)」

ラルテは2011年7月に三軒茶屋に誕生して、今では食べログピザ百名店にも選出され続けるナポリピッツァの名店になりました。新型コロナウィルスの感染拡大防止のために、席数は大幅に減らして、人の手が触れる部分のこまめな消毒や、スタッフ全員のマスク着用など、換気や消毒に気をつけながら営業しています。

ラルテに来ると毎回必ず頼んでしまうのがミックスサラダ:1400円です。平日ランチにはサラダが付いてますが、このサラダはアラカルトで頼んでも満足感が高いサラダですよ。

サラダを食べ終えた頃に井上さんが用意したのは、ソテーしたレタス、リコッタチーズ、プロヴォラチーズ(燻製モッツァレラチーズ)、チッチョリ(豚バラのコンフィ)、ンドゥイヤ(辛口サラミペースト)を用意しています。赤い塊が唐辛子と豚挽肉を発酵させて作るンドゥイヤですが、ラルテでは添加物をほとんど使わない、日本のブランド豚でイタリア人マエストロVittorioさんが作る「アンティカサルメリア」のンドゥイヤ(’Nduja)を使っています。

井上さんが生地を延ばして、リコッタチーズを塗っています。

用意されたトッピングをバランス良く生地にトッピングして、二つ折りにしていきます。

しっかりと口を閉じてからパーラの上で形を整えて窯に投入します。

日本橋で100年になる山宮かまど工業所の山宮裕氏がここで組み上げた大きな薪窯で、匠の技で焼きあげていきます。

リピエノは中が見えませんが、生地の中の火の通りをしっかりとイメージしながら仕上げます。

完成した迫力のあるリピエノを、窯の前で井上さんに持って頂きました。

見事なリピエノは見た目はシンプルでもナイフを入れた途端にふわーっと香りと具材が溢れてきます。

トップの画像でカットされたリピエノの中をもう一度ご覧ください。とろとろのチーズとしんなりしたレタスの食感、肉感のあるチッチョリとピリッとした辛味と肉の旨味を感じるンドゥイヤ、燻製モッツァレラチーズの香りなど5感を刺激してくれる実に旨いリピエノでした。

最後にエスプレッソを飲んでランチタイム終了!!

毎回満足度の高い素晴しいお店です。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします

トラットリア ピッツェリア ラルテ 

Trattoria e Pizzeria L'ARTE
TEL:03-3424-3003

住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-35-17 1F
交通手段    
東急田園都市線三軒茶屋駅南口徒歩2分
三軒茶屋駅から105m
営業時間    
12:00~14:00(L.O)
18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日、水曜日のランチ
予算(ユーザーより)    
¥3,000~¥3,999  ¥1,000~¥1,999
実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る
カード:可(JCB、AMEX、Diners)
サービス料・チャージ:1人300円
個室:有(8人可)    
完全禁煙
駐車場:無
オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり

ホームページ: http://www.larte.jp/
オープン日:2011年7月5日

 

 ←食べあるキングメンバーです

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする