タランテッラでマラドーナを偲ぶPIZZA!

本日のピックアップフォトは、白金高輪にあるタランテッラ・ダ・ルイジで食べた「ドルチェピッツァ(デザートピザ)」です。故郷のアルゼンチンだけでなく、ナポリの神様としても慕われていた元サッカー選手のディエゴ・マラドーナさんが亡くなったことを受けて、マラドーナに捧げるお別れのメッセージが込められていました。「ADIOS(さようなら)」のメッセージ中に、マラドーナの背番号10が隠されてるのもニクイ演出でした。

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

白金高輪の路地裏にある「タランテッラ・ダ・ルイジ」に2週続けて行ってきました。

2011年2月のオープンなので、来年2月に10周年を迎えるお店です。

オーナーシェフでピッツァイォーロの寺床雄一氏(ルイジ)は、イタリアのカンパーニャ州、サルデーニャ州、ロンバルディア州、シチリア州、トスカーナ州、アブルッツォ州を中心にイタリア全土で約7年もの修行を経て来た実力派の料理人です。ナポリピッツァでは「Pizzeria L'arte della pizza」のガエターノ・エスポジト氏や、「Pizzeria Starita」のアントニオ・スタリータ氏を初めとする、ナポリの有名ピッツァ職人7人の下で本物のナポリピッツァを学んできました。

店の造りや内装から、料理、ピッツァに至るまで、全てがイタリアそのもの。その本場を求めて多くのイタリア人や食通が通う店です。店名の「タランテッラ」はナポリの民族舞踊音楽のことで、「ダ・ルイジ」は、オーナーシェフ寺床さんの名前「雄一(ゆういち)」です。修業時代にイタリア人から分かりやすい発音で「ユーイチ→ルイジ」と呼ばれていたことが由来しています。

店の造りの本場感に加えて、使っているテーブルやイス、厨房機器や食器、装飾品までイタリアから取り寄せたものばかりです。

この日は夫婦でホリデーランチに出かけてきました。

自家製パンがとても美味しいので、ついつい全部食べたくなりますが、その後の料理が食べきれなくなるので要注意です(笑)。

妻はボリュームを控えめにした魚介の前菜盛り合わせをお願いしました。

本当なら食べきれないくらい盛り盛りなんですが、残したくないので敢えて少なめにしてもらって、妻も大喜びでした。

僕には新鮮な野菜たっぷりのサラダです。僕は2~3人で取り分け出来るくらいのボリュームある野菜サラダを1人で食べるのが好きなので、これも大満足。しかも野菜の美味しさに加えてドレッシングも美味しいのがルイジの凄いところ。

今回はピッツァを2種類頼んだからパスタは無理かと思いながらもメニューに載っていたポヴェレッロ(貧乏人のスパゲティ)がどうしても食べたかったので、少しだけ作ってもらいました。これも旨い!イタリアではレストランの賄いなどに作られる目玉焼きとチーズと胡椒のシンプルなスパゲティです。

ピッツァの準備が始まりました。

最近のマイブームなので、今回リクエストしたのも「ナポリ野菜スカローラのリピエノをイメージしたピッツァ」です。

豚バラをコンフィしたチッチョリとプロヴォラアフミカータ(燻製水牛モッツァレラチーズ)、ナポリ野菜「スカローラ」の代わりに用意した「赤リアス」というからし菜。オリーブ、レーズンが用意されていました。

ルイジがピッツァの生地を延ばし始めました。

窯の前でピッツァを作るルイジの姿は何度見てもカッコいい。

延した生地に、これだけ食べても旨い熊本あか牛のボリート(ピエモンテの郷土料理でイタリア風のおでん)をトッピング。

ルーナロッサのように半分包み焼き、半分オープンのピッツァになるようです。包み焼きの中には、熊本あか牛のボリートの他にリコッタチーズ、燻製した水牛モッツァレラチーズを包んでいました。

そして、オープンの部分にはモッツァレラチーズ、燻製水牛のモッツァレラチーズとオリーブをトッピング。

そこに赤リアスやレーズンをトッピングしていきました。

ナポリの名工Stefano Ferrara氏を日本に招いて作ってもらった特注の薪窯で焼いていきます。

包み焼きの部分はじっくりと火を通すために入口に近い温度の低いところで焼いていきます。

完成したピッツァをルイジに持ってもらいました。

完成したのがこちらです。

「スカローラ」の代わりに「赤リアス」というからし菜を使い、オリーブと燻製ブッラータチーズ、レーズンをトッピング。包み焼きの中には、熊本あか牛のボリートとリコッタチーズ、燻製した水牛モッツァレラチーズを包んでいました。

食後のデザートタイムにルイジが用意してくれたドルチェピッツァには驚きました。

中にはリンゴのコンポート(赤ワイン煮)とカスタードクリームを入れて包み焼きにして、仕上げに苺やアーモンドをトッピングしたピッツァ。ナポリの人々からも神のように愛された「Maradona(マラドーナ)」に捧げる、熱い想いのこめられた最高に旨いドルチェピッツァでした。

最後にエスプレッソを飲んで終了です。

素晴しいホリデーランチをありがとうございました。

Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

毎日呟くJaffaのツイッターはコチラです

https://twitter.com/jaffaJP

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

タランテッラ ダ ルイジ

TARANTELLA-da-luigi
電話:03-6408-5552

住所:東京都港区白金3-22-2-1F
交通手段     
都営三田線白金高輪駅より徒歩5分
営業時間

*緊急事態宣言による営業自粛や変更もあるのでその都度確認してください     
[平日]
12:00~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O)
[土日祝]
12:00~14:00(L.O)
18:00~23:00(L.O)
*日祝 22:00(L.O)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:年中無休
予算(口コミ集計)     
夜¥6,000~¥7,999 昼¥2,000~¥2,999
カード:可(VISA、JCB、AMEX)
コペルト(席料)\400
席数:30席
個室:有(2人可、4人可、6人可、8人可)
貸切:可(20人~50人可)
完全禁煙(外に灰皿あり)
駐車場:無(周辺にコインパーキングあり)
オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり
ロケーション     
隠れ家レストラン、一軒家レストラン
サービス     
お祝い・サプライズ可、子供可、テイクアウト

ホームページ 
http://tarantella-da-luigi.com/

オープン日:2011年2月2日

 ←食べあるキングメンバーです

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする