ずっとうんこについて考えていた。インプット(食)するならアウトプット(排泄)も同じだけ考えないと

おはようございます。 

感慨にふけってばかりもいられませんー! 

つぎ行こうー次ー!! 

ということで、 本日この後11時からエフエム世田谷で

ベジアナの畑の力らららラジオ♪

 

ゲストは ノグソし続ける男!

究極の循環型をめざした答えは…ノグソ。野糞。 

肩書きは世界で一人(今のところ)#糞土師・伊沢正名さん。

うんこはどこから来てどこへ行くのか。

糞土思想ノグソフィア について伺います。 

 

ベジアナのライフワークとして農業や食について考える中で、 

インプットする(食べる)ならアウトプット(排泄)のことも、同じだけ考えないといけないよなあとずっと思っていた。

特に畜産に関わってると、家畜の糞尿の行き場がとっても重要~。 

臭いものにフタをすればいいのか。

見えないだけで、それはちがうよな。

 (プラスチック問題と同じかもしれない) 

 

わたしが農業の世界で見いだした答えの一つが、「放牧」だったのですが、

その同じ問いに、人間界でひとつの解決方法を実践、

活動している孤高の運動家がいたのです。

それが、「ウンコロジー入門」著者

「糞土師」伊沢正名さん72才。 

ノグソ歴47年。

ノグソを続けてわかったうんこの重要性

WEBサイト「糞土思想ノグソフィア」主宰

 

全国どこでもスマホでも聴けますよ🎵 

https://fmsetagaya.com/ 

畑の力らららラジオ!

エフエム世田谷 #JA世田谷目黒提供(よく提供してくれたよね) 

 

※グレートジャーニーの関野吉晴さんとの対談で、ご存知の方も多いかもしれません。

 

 (だいじな追伸)

野放しにノグソをしようという話では全くありません。

社会的に、環境的に、迷惑をかけないのは大前提でのお話で、

正しいノグソの仕方にも言及~。

 

参考記事

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/78153#

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする