国の新たな食料戦略「みどりの食料システム戦略」について「論語と算盤」引用して書いてみました

有機農業を30年後に全耕作面積の25%にすると打ち出した国の新しい食料戦略「みどりの食料システム戦略」が、農業関係はもとより、一般紙やNHKでもニュースになり、話題になっています。

現在2.3万haの有機農地を、2050年までに100万haにするという方針だけが、一人歩きしている感がありますが。

 

脱炭素社会をどう生き抜くか。

この世界的な問題と自分の暮らしを私たちはどう受け止めていけばよいのでしょう。

 

話題の「論語と算盤」を引っ張り出して書いてみました。

 

脱炭素社会

みどりの食料システム戦略

CO2排出量を実質ゼロに

化学農薬を5割、化学肥料を3割、使用量を減らす

有機農業を2050年までに全耕地面積の25%(100万ha)に拡大

EUでは7%の有機農地を2030年までに25%に

日本は0.5%(2万3500ha)を約30年かけて42倍に

世界のオーガニック市場10年前の2倍の10兆円規模

生産力と持続性の両立

渋沢栄一

論語と算盤

消費者をいかに農へ巻き込むか

農への行動を促す国民運動

援農より健康のため

コロナストレス発散に農作業

畑へ出ようをキャンペーン

一億総農ライフ

日本農業新聞に書きました

 

みどり戦略 論語と算盤で 消費者 農への参画を 農業ジャーナリスト 小谷あゆみ氏

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする