「1億農ライフ」で協働しよう!生産と消費の壁を払う~日本農業新聞にコラム書きました。ベジアナ

「1億農ライフ」で協働を

生産と消費の壁を払う

5/18付け日本農業新聞に書きました。

 

 

 #人新世、#プラネタリーバウンダリー(地球の限界)など

ひっ迫した環境危機対策として浮上した「脱炭素」。

日本もグリーン(みどり)政策を農業界においても打ち出さなければなりません。 

 

という背景から生まれたみどりの食料システム戦略。 

細かい内容については賛否あるようですが、 いずれにしても環境政策へのシフトチェンジは避けられません。

この動きをリードするように、環境ブランドを掲げて世界へ打って出ようとしているのは 

山梨県! 

 

果樹生産を武器に、ぶどうやモモの剪定した枝を炭にして土壌に炭素をため込む

4パーミルイニシアチブ戦略。

(山梨県の甲府盆地は #日本農業遺産 の認定地域でもあります)

 

それから必要なのは、消費者との連携。

国では消費者の理解醸成、国民の理解、などという書き方をしていますが、生産のことをもっと理解しましょう、理解してくださいよう~とお願いするポジションでは、いつまでたっても生産は他人事のままです。

そこで掲げたいのが、1億農ライフ。

#作るをシェア。

#シェアリングアグリカルチャー。

作ること(農体験)で、生産と消費の間にはだかる壁を、消費者が好奇心の赴くままに楽しみながらすいすい~っと超えることになります。

「作る」をシェアは、最大のイノベーション。

 

「1億農ライフ」で協働を

生産と消費の壁を払う

食料確保を自分ごとに

 

日本農業新聞に書きました。

 ↓↓↓ 読んでね♡ ベジアナ

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする