外食崩壊寸前、事業者の声」緊急記者会見が開催

今朝、「外食崩壊寸前、事業者の声」緊急記者会見が開催されました。コロナ禍で大打撃を受けている飲食業界ですが、今こそ「コロナ禍を乗り切る」という共通課題のもと、国内飲食18団体が結束し、8名の登壇者様から意見表明されました(本日のTV、新聞各種メディアでも報道) 。。。 ⭕️【提言内容のポイント】1.“禁酒政策”の撤回と厳しい時短政策の緩和を! 2.飲食店の感染対策において第三者認証を明確化し、認証店舗についてはメリットを3.生産者や納入業者も苦しんでいる。支援策の強化を! 4.”アフターワクチン”に向け、米国のような大規模経済支援を! 5.エビデンスに基づいた飲食店政策を!。。。個人的な意見ですが、特に5においては先日も、食文化ルネサンスの一員として 一緒に声をあげてきました。まだ 実施されないスピード感に対し複雑にな思いはありますが、政治的な声を上げる文化がなかった飲食業界の中、こうして社会的な会見が実施される事への喜びと期待、そして、強く言い続けていく根気継続の重要性も感じています。決して厳しい現状を世論にお伝えするだけではありません❗️「食文化を未来に繋ぐ」事を目的と続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする