2021年空前の「アフタヌーンティー ブーム」❗️ 業界のアイドルタイム強化、おうち時間充実狙い

2021年は 空前のアフタヌーンティーブーム!今まで日本では ホテルラウンジのアフタヌーンティーが中心でしたが、最近では カフェはもちろん、和食やイタリアン、中華などレストランでも急増!●中華●和食●イタリアン食べ手側にとってアフタヌーンティーの魅力は●少量多品種 食べられる●見た目がキレイ●スイーツの充実●安全性の高いホテルで優雅になど「ランチより充実」を感じている声も多く聞くまた、外出の抑制や三密を避け ステイホーム おうち時間を楽しむ傾向はさらに高まる中、 「テイクアウトできる」「お取り寄せできる」アフタヌーンティーセットも登場し 順調に売れ行き好調とのこと更に最近のホテルでは「お部屋でアフタヌーンティー」を楽しむ、例えば7時間ほどのステイタイプも登場し、予約も急増しています。ホテルや飲食店営業の方々からは「20時までの営業が強いられる中、アイドルタイム(14:00〜17:00)強化でとはじめたが、今では人気高まり売上拡大はもちろん ブランド化につながっている」との声も聞きます。今後は更に「お食事系の充実」→ランチ兼ねた傾向 も高まってくると思われます。例えばランチ・ブランチを兼ねたアフタヌーンティーは始まる時間も11時や12時 、例えば早いところでは10時スタートなども見られ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする