山陰のナポリでディナーを!

本日のピックアップフォトは、久しぶりの米子出張で訪れた「カフェ ジャルディーノ ピッツァリア 」のマリナーラです。4年前に1度訪問している店ですが、生地を見直して、現代ナポリや日本で注目されているデカ縁系ピッツァ「コンテンポラーネア」を意識した、軽くて旨い生地に仕上がっていました。

今回は松江の人気ピッツェリアの皆さんと一緒に、米子のピッツァを楽しんで来ましたよ!

Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

詳細はこの後の本文でどうぞ!!

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村

久しぶりの米子出張で、4年ぶりに訪れた「カフェ・ジャルディーノ」のピッツァが格段に進化して美味しくなっていました。この店は料理やピッツァだけでなく、自家焙煎の珈琲や、ドイツのロンネルフェルト社の紅茶、自家製ドルチェまで、全てのレベルが高く、雰囲気も良いので、デートにも使える店ですね。

落ち着いたテーブル席や個室風に仕切れるようなスペースもあり、自家焙煎珈琲や創業180年と言う歴史を持つドイツのロンネルフェルト社の紅茶などのブティックがあるので、米子出張のついでに寄った食通ビジネスマンには、空港や駅でも買えない、ここだけのスペシャルな商品を買うことが出来ます。

客席からも見える薪窯はナポリの「ジャンニアクント社」の薪窯で、日本のナポリピッツァの聖地と呼ばれている、赤穂の名店「SAKURAGUMI」の西川シェフの会社「山陽水産」に取り寄せてもらったそうです。

初めに前菜盛り合わせからいただきましょう。

日替わりのスープとシーザーサラダ。

海老とアボカドのサラダ、チョリソーなどを楽しみました。

ナポリの食材は、薪窯と同じく「さくらぐみ」の西川シェフから仕入れていて、地元で採れる野菜や肉類、魚介類、乳製品などは新鮮な地元のものを使って東京には無い魅力を生み出しています。

1枚目はピッツァマリナーラからいただきました。延ばした生地にトマトソースとニンニク、オレガノ、バジルをトッピングしています。

ピッツァイオーロの信保君がパーラの上で形を整えてからジャンニアクントの薪窯に投入。

完成したマリナーラを持ってもらいました。

現代ナポリで流行っているコンテンポラーネアに近いふっくらとしたコルニチョーネ(額縁)が印象的なマリナーラです。ふわっと軽い食感と味わい深い生地のマリナーラはかなり好みのタイプでした。

2枚目は、メニューにあるとつい頼んでしまう「ポルケッタ・コン・フリアリエッリ」(笑)。

「ポルケッタ」とはイタリアではお祝いの時に食べられる子豚のバラ肉にハーブを巻いて皮ごとローストしたローストポークです。これを薄くスライスして載せたピッツァは色々なお店で食べている僕の大好きなピッツァです。一般的には菜花と合わせることが多く、こちらでもナポリの菜花「フリアリエッリ」と一緒に使っていました。モッツァレラチーズの旨味とコクが豚肉の旨味や菜花の苦味、生地の塩味とのバランスも良くて旨いピッツァに仕上がっていました。

食後のエスプレッソも自家焙煎の珈琲豆が華やかな香りと味わいで、ナポリのパンチのあるエスプレッソではなく、エレガントなエスプレッソになっていて、スペシャルティコーヒーに力を入れているお店のエスプレッソを感じることが出来ました。

今回は山陰地方で唯一真のナポリピッツァ協会の認定看板を許されている松江の「Pizzeria UWOZA(ピッツェリア ウヲザ)」の林夫妻、同じく松江にある「パスタファクトリー」の高橋君と4人での食事会でした。皆さんJaffaのブログやInstagramをよく見て頂いていると言っていただいて楽しく情報交換をつつ、旨いナポリピッツァを楽しめました。

松江では、Pizzeria UWOZAの1号店と2号店を訪問したのでこのブログでの紹介をお楽しみに!

米子の「カフェ ジャエルディーノ」は、まだまだナポリピッツァの業界では知名度は低いですが、店の雰囲気と前菜からデザート、カッフェまでの総合力では、東京の人気店にも劣らない実力派のレストランだと思います。

4年前に初めて訪れたときの記事はこちらからご覧になれます。

 

Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!

https://www.instagram.com/jaffapizza/

毎日呟くJaffaのツイッターはコチラです

https://twitter.com/jaffaJP

★下記のランキングに参加しています!★

食べログ グルメブログランキングにほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

にほんブログ村
 アップ      アップ       アップ      アップ

それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m

カフェ ジャルディーノ ピッツァリア (cafe GIARDINO Pizzeria)
電話:0859-38-9715

住所:鳥取県米子市上福原317-1 FORESTA内
交通手段     
最寄駅JR米子駅よりタクシーで10分
米子インターより境港方面へ15分
R431沿 右手に回転寿司北海道 左手にブックオフの交差点を左折。
そのまま道なりに5分すると「本」の看板が目印(駐車場100台完備)

<ブックヤードチャプター3同敷地内>
東山公園駅から1,404m
営業時間
11:00~22:00
[ランチ]11:00~14:30LO
[カフェ]11:00~22:00(LO.21:30)
[ディナー]18:00~22:00(LO.21:00)
定休日:火曜日
予算     
ランチ :¥1,000~¥1,999
ディナー:¥3,000~¥3,999
カード:可(VISA、MASTER)
席数:88席
(リストランテ32席、ピッツァリアカフェ44席、テラス12席)
個室:無
ホールはリストランテが少し個室風になる席が2席。
ピッツァリアも「仕切り布」で個室風に使えます。 
貸切:可(50人以上可、20人~50人可)
完全禁煙
テラス席のみ喫煙可
駐車場:有(100台)
焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわり
景色がきれい、隠れ家レストラン
2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、子供可、ペット可、テイクアウト可
お子様同伴
お子様用にはボックス席が2つあります。
共有トイレには、ベビーシートもあります。

公式アカウント     
https://www.facebook.com/giardino.cafe/ 

https://www.instagram.com/cafegiardinopizza/
オープン日:2011年9月1日
備考     
FORESTA ホームページ 

http://oldnewcafe.com/foresta/

 ←食べあるキングメンバーです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする