山下惣一さんのこと。「小農学会」での思い出

唐津の農民作家 山下惣一さんが亡くなった。86歳。「国民皆農」を提唱し、小農学会を立ち上げ、代表を務めておられたが、2年ほど前から退き、筆も置かれた。小農学会に参加してお会いしたのが最初で、小農学会共同代表だった萬田正治先生と歯に衣きせぬ言い方で丁々発止やり合っておられたのが印象深い。論客であった。昭和の激動の時代、経済成長の裏側にある農村の衰退を問い続け、農家の立場から、農政や農業をとりまく課題を発信し続けた。海外にも詳しく、ロシアのダーチャを紹介したり、アジアでは早くから農村女性交流をして、6次化の先駆けのような取り組みも地域発で取り組んでおられた。挨拶すると、農業新聞読んでると声をかけていただき嬉しかった。2、3年前、出張のついでに唐津のお宅を訪ねたことがある。手のひらがあまりに大きいのに驚いた。60年70年クワをにぎりしめてきた篤農家の手は、並外れて節くれだって大きかった。


19年5月の記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする