能登でトキ放鳥推進シンポジウム!7/24(日)開催

能登でトキ放鳥推進シンポジウム❗️

 

佐渡で復活を果たし、いまでは480羽が佐渡の里山に生息していますが、本州で最後までトキが確認されたのは石川県能登でした。

環境省では2026年に他地域でトキを放鳥する計画があり、その候補地に名乗りを上げているのが能登地域です!

能登と佐渡は2011年FAO世界農業遺産に。

能登にトキが舞い戻ってくるなんてすてき過ぎ~♡

 

トキの生息地は人の営みのある里山。

エサとなるドジョウ、カエルなど生き物育む田んぼの米づくりが欠かせせません。

トキと暮らす郷づくりの新潟・佐渡市ほか、

コウノトリ育む農法の兵庫・豊岡市からも学び、農業関係者をはじめ県民の理解を深めます

7/24(日)開催

ベジアナ、コーディネーターやります

「能登地域トキ放鳥推進シンポジウム」

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/toki/toki-sympo.html

農家にもトキにもWIN-WINのトキの保護について

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/.../toki/toki-quiz-hogo.html

環境省によると、正式に名乗りを上げたのは石川県が初。公募では過去にトキの生息実績があることを原則として、3カ所程度を選ぶ。石川県によると、能登地方は放鳥候補地の条件とする約1万5千ha以上の水田や森林などがある。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE066B00W2A500C2000000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする