農民作家山下惣一さんが遺した宿題〜日本人にとって農とは


先ごろお亡くなりになった農民作家の山下惣一さん。

素人のわたしが農業農村問題に関わるようになったのはいいが、知れば知るほどおかしく不思議でフェアでないと感じる都市農村問題、生産消費問題。

その矛盾を農の側から問い続けた山下さんが立ち上げたのが、小農学会。

家族農業とも言われる小規模農業、自給圏、循環型、地産地消が、いま見直されています。

わたしは国消国産では解決できないと思う。

毎日食べる食べ物のこと、国家単位で語るものじゃないのではないか。

では、地産地消はなぜ広まらなかったのか、についての検証も必要になってくると思うんですよね。

日本農業新聞7/19に書きました

農民作家山下惣一さんが遺した宿題

この国、日本人にとって農とは何か


ベジアナ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする